サイト収益化
PR

ブログの収益化におすすめな方法は?ブログの収益化に必須な手順やコツを解説

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログの収益化をしたい!ブログ収益化におすすめな方法を知りたい

ブログを始めた人、実際にブログを始めようと考えている方でこんな疑問を抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回はこのようなブログの収益化をしたいという疑問に答えてブログの収益化におすすめな方法や手順、コツなどを解説していきます。

以下は本記事で分かる概要です。

本記事でわかること
  • ブログの収益化におすすめな方法
  • ブログの収益化での注意点
  • ブログの収益化でおすすめな手順
  • ブログの収益化におすすめなコツ

ブログ収益化におすすめな方法

ブログの収益化においてはいくつか種類がありますが、ブログの収益化におすすめな代表的なものとしては以下2つがあります。

ブログ収益化におすすめな方法
  • 広告収益
  • コンテンツ販売

以下詳しく解説していきます。

ブログ収益化でおすすめなのは広告での収益化

まず、一つ目にブログでの収益化でおすすめなのは広告による収益化です。

理由としては収益化しているブログの8割〜9割程度がこの広告によって収益化を行なっている上に、広告も大手企業や有名企業が多くあり、成果に繋がりやすい部分があるからです。

実際にインターネット上でのブログやサイトに数多くの広告が掲載されており、有名企業のものだったり、興味の惹かれる広告だとついついそちらに行ってしまうこともあるのではないでしょうか。

しおん
しおん

ついつい広告を見てしまうことってあるよね。

そういった数多くの広告を自分のブログに掲載してクリックや一定の行動に繋げて収益化するのが広告による収益化です。

ちなみにブログの広告での収益化にもおおよそクリック・インプレッション型広告とアフィリエイト広告との2種類の形態があり、以下で詳しく解説していきます。

  • クリック・インプレッション型広告
  • アフィリエイト広告

クリック・インプレッション型広告

クリック・インプレッション型広告は広告のクリックや広告が表示されるだけで収益となる形態の広告です。

クリック型の代表的な広告サービスとしてはGoogleアドセンスがあり、1クリック10円〜300円前後くらいが目安とされています。

るな
るな

Googleアドセンスはブログのジャンルによって単価が大きく変動するよ。

一方で広告が表示されるインプレッション型の代表的な広告サービスとしては、TheMoneytizerがあり、広告表示が1000回で約60円程度が目安とされています。

TheMoneytizerはフランスの会社で収益はドル換算で行われる

クリック型やインプレッション型の広告はクリックや表示のみで収益が発生するため、比較的初心者がゼロから1を稼ぐステップとしては向いています。

しかし、クリック型やインプレッション型は月5万円や月10万円など大きく稼ぐにはあまり向いていません。

理由としては単価が低いため、大きく稼ぐにはPV数が10万以上など大きな集客が必要となるからです。

そのため、大きくブログで収益化するためにはもう一つの方法が向いています。

アフィリエイト広告

もう一つの方法としてはアフィリエイト広告があります。

アフィリエイト広告はクリック型やインプレッション型と違い、クリックや表示されただけでは収益に繋がらず、クリックされてその広告の商品が購入されたり、サービス契約に繋がると報酬に繋がる仕組みとなっています。

ちなみにアフィリエイト広告の単価はまちまちですが、100円程度の低単価のものから10万円を超える高単価のものまで様々なものがあります。

平均的な単価は3000円〜5000円程度のものが多い

確かにアフィリエイト広告はクリック型やインプレッション型よりは収益化が難しいかもしれませんが集客は少なくても収益は大きく上がる分、むしろ初心者でも高収益に繋がる可能性は高いです。

一方でアフィリエイト広告を展開している広告サービスはASPと呼ばれ、代表的なASPとしてはa8などがあります。

a8はアフィリエイトにおける代表的なASPでブログを登録することでさまざまなアフィリエイト広告を掲載することができます。

ブログ収益化で伸びてきてるのがコンテンツ販売

ブログの収益化で次におすすめなのがコンテンツ販売です。

現在、ブログの収益化で伸びてきているのがコンテンツ販売で自分で作った有料記事やnote、コンサルサービスなどをブログと関連させて販売するスタイルです。

このコンテンツ販売が伸びてきている理由としては広告収入と比べてブログの独自性を高められるのと他者からの影響を少なくできるからです。

広告収益のみだとアドセンスなどではポリシー違反で広告が剥奪されたり、アフィリエイト広告だと一方的に提携解除されるリスクがあり、収益が他者から影響を受けやすいです。

実際にアドセンスではGoogleの不明瞭なポリシー改定のみで簡単に多くの方が広告を剥がされたり、アフィリエイトも提携解除とはいかなくとも報酬が半分に改定されたといったこともよくありがちです。

しおん
しおん

実際に筆者もアフィリエイト解除やアドセンスの停止に巻き込まれたことなどもあるよ。

そんな不安定な広告収益に対してコンテンツ販売だと自分が商品を販売しているため、料金が勝手に変わることもありませんし、突然解除されるといった恐れもありません。

しかも、自分のブログと自分のコンテンツを組み合わせることでブログで集客をしつつ、ブログで紹介した自分独自コンテンツで収益化を行い、ブログ自体の独自性も上げることができる点で魅力だと言えるでしょう。

自分の独自コンテンツ販売は有料記事やコンサルなど在庫を持たない無形コンテンツからがおすすめ

ブログの収益化でおすすめな手順

ではブログの収益化は実際にどのような手順で行うのがおすすめなのか。

以下が主なブログの収益化でおすすめな手順のステップを示したものです。

レンタルサーバーを借りる

レンタルサーバーを借りればブログで収益化するためのものが揃う

おすすめはエックスサーバー

ブログで収益化するジャンルを決める

転職や副業、金融系が高単価を狙いやすい

記事を書きつつASPに登録

a8やもしもしアフィリエイトがおすすめ

余裕があればコンテンツ販売

広告だけでなくコンテンツ販売で収益の多角化

複数サイトを運営

一般的なレンタルサーバーならドメインが2つ無料

停滞、放置気味のブログはサイト売却で収益化

停滞、放置するよりもブログは売った方が収益的に良い

以下詳しく解説していきます。

ブログ収益化でおすすめはレンタルサーバーから

まず、最初にブログで収益化するためにおすすめな手順はレンタルサーバーを借りることです。

理由としてはブログで収益化するために必要なものがレンタルサーバーを借りるだけで揃うからです。

例えば、ブログの収益化には独自ドメインやワードプレス、サーバーが必要になりますが、レンタルサーバーを借りることでこれらの必要な要素が全て揃います。

しかも一般的なレンタルサーバーではワードプレスの簡単インストールなどサービスを提供してくれているため、レンタルサーバーを契約するだけですぐにブログを書き始めることが可能です。

るな
るな

全てレンタルサーバーの方で用意してくれるから始めるのに専門知識は要らないよ。

ちなみにレンタルサーバーのサービスはいくつかありますが、特に初心者の方には国内シェアNo,1で多くのブログ運営者が活用しているエックスサーバーがおすすめです。

エックスサーバーは特にサポートの厚いことでも有名ですので初めてブログを行うという方はエックスサーバーから始めてみると良いでしょう。

ちなみにエックスサーバーや他のレンタルサーバーの料金比較やサービス比較は下記で詳しく解説しているので気になる方はそちらをご覧ください。

合わせて読みたい
個人向けのレンタルサーバーでおすすめは?個人向けレンタルサーバーを徹底比較!
個人向けのレンタルサーバーでおすすめは?個人向けレンタルサーバーを徹底比較!

ブログで収益化なら無料ブログはおすすめしない

一方でよく無料ブログから始めるのはどうなのかという質問が多くありますが、ブログで収益化を狙うのであれば無料ブログはおすすめしません

無料ブログをおすすめしない理由としては主に3つ挙げられます。

  • 検索に上がりにくい、表示すらされない
  • 勝手に広告を貼られ、収益は貰えない
  • サービス終了のリスク

1つ目の理由としては無料ブログでは検索の上位に上がりにくいからです。

無料ブログで書いてしまうと独自ドメインではないため、他の同じ無料ブログの投稿者が同じ検索ワードで書いていると1つのドメインで基本的には1つしか検索に乗らず、食い合うような形になるため、表示されにくくなります。

しかも、上位に表示されないどころか全く表示されないといった形にもなりかねません。

検索に表示されないといくら記事を書いても全然収益に繋がらず、書くだけ無駄といった事態になりかねません。

しおん
しおん

当初僕もサーバー代ケチって無料ブログでやってたけど全然表示されなかったよ。無料ブログで時間を浪費した感じだね。

2つ目の理由としては勝手に記事内に広告が表示されるからです。

無料ブログで記事を書くと自分の収益にはならない広告が表示される上にその広告の量が多いため、自分の収益化するための広告が隠されるといったことが頻発します。

そうなると不快な上に自分の広告成果が繋がらないといった事態になり、全体的な収益も大きく下がってしまいがちになるからです。

るな
るな

自分の広告を隠されるのは最悪だね。

3つ目の理由としては突然サービスが終了になるリスクがあるからです。

例えば、無料ブログのYahoo!ブログなどは2019年に終了してしまいましたが、基本的にこのように無料ブログに書いていた記事はサービスの終了とともに消えてしまいます。

そのため、サービスが終了することでせっかく積み上げてきたものが一瞬にしてなくなることになります。

これらの点でブログを収益化するのであれば無料ブログではおすすめしません。

しおん
しおん

無料ブログで収益化するとサーバー借りて収益化するのだと無料ブログで収益化する方が1000倍くらい難しいよ。

ブログで収益化するジャンルを決める

次にブログの収益化でおすすめな手順はレンタルサーバーを借りたら収益化するジャンルを決めることです。

理由としては様々なジャンルを扱う雑記ブログよりも特定の分野に絞った特化ブログの方が検索上に上がりやすくなるからです。

Googleは基本的に権威性や専門性だったり、ジャンルで評価することも多いので特定のジャンルに絞っておいた方が評価されやすくなります。

実際に筆者自身も特化ブログと雑記ブログの両方を運営していますが、圧倒的に特化ブログの方が検索の上位かつ素早くGoogle検索に表示される率が高いと感じています。

特化ブログの方が評価されやすい

そのため、レンタルサーバーを借りる、もしくは借りる前でもブログを書き始める前には何のジャンルのブログにするのかは決めておきましょう。

ちなみにECサイトにするのかブログにするのかだけはECサイトにはそれに特化したレンタルサーバーがあるため、必ずレンタルサーバーを借りる前に決めておきましょう

るな
るな

ECサイトだと決済やカートなども必要になるからね。

記事を書きつつASPなどに登録

その次にブログの収益化でおすすめな手順は記事を書きつつASPなどに登録することです。

理由としては記事を書かなければ広告を掲載できず収益化できませんし、かといってASPに登録しないと広告の掲載もできないからです。

また、中にはGoogleアドセンスやクローズドASPなど一定の記事の質がなければ掲載を許可してくれない広告サービスやASPもありますから、記事を書きつつASPへの登録を進めていきましょう。

ちなみに登録のみですぐに使えるa8などのASPもありますから、まだあまり記事を書けていないといった方はこういった登録したらすぐ使用できるASPから登録していきましょう。

あとは記事を書き、質を高めながらASPの広告を掲載していくことで徐々に収益の発生が起こる確率が高まります。

余裕があればコンテンツ販売でもブログ収益化がおすすめ

そしてその次にブログの収益化の手順でおすすめなのは独自コンテンツを作ってブログに掲載し、販売していくことです。

徐々に広告で収益化できてきたのなら徐々に独自コンテンツを作って売っていくことも進めていった方が良いです。

理由としては独自コンテンツの販売も行うことで収益の多角化、安定性を高められるからです。

るな
るな

独自コンテンツなんて持ってないし、どうやって作れば良いの?

とはいえこんな風に思う方も多いかもしれません。

しかし、独自コンテンツと言ってもそんなに深く考える必要はなく、ブログの内容でもう少し深掘りした内容をnoteや有料記事にしてまずは販売してみるだけで良いです。

仮に売れなくても有料記事やnoteであれば無形資産で原価もかかりませんし、赤字になることはありません。

その後も売れなければ改良を続ければ良いですし、1つ2つ売れていけば立派な独自コンテンツの誕生です。

しおん
しおん

とりあえずやってみることが重要だね。

複数サイトを運営する

その後はブログで収益化するおすすめな手順としては複数サイトを運営することです。

理由としては一般的なレンタルサーバーでは無料独自ドメインが2つもらえるからです。

そのため、違うジャンルのブログを2つまでは値段が変わらず展開することができます。

目安としては1つのブログが大体完成して、収益も軌道に乗ってきて余裕ができてきたら、もう一つブログを展開すると良いでしょう。

そうすれば単純に考えれば収益が倍になる可能性も高まりますし、片方のブログが何らかの原因で収益が落ちたとしてももう片方でカバーできる可能性も高まります

よって一方のブログが軌道に乗り、あまり手がかからなくなれば複数展開を進めていくと良いでしょう。

停滞、放置気味のブログはサイト売却で収益化がおすすめ

一方で複数のサイトを運営する中で収益やPVが停滞してくるブログもあるかと思います。

そんな時はブログ売却で現金化して収益化してしまうのもおすすめです。

理由としては停滞気味のブログを放置するよりもブログ自体を売却した方が全体として得られる現金の総量は多い可能性が高いからです。

例えば、停滞気味のブログを放置してしまうと仮にその時点で月10万円ほどの収益があったとしても半年後には月5万にも満たず、2年後には月1万にも満たないといったことになりがちです。

放置ブログの大半がPV、収益が半年から1年で大幅に減少する

しかし、ブログを売却する場合はその時の収益の月12ヶ月分〜24ヶ月分が相場として売却されます。

そのため、仮に月10万円ほどの収益のサイトだと120万〜240万ほどで売却できますので結果として1年〜2年はその月10万円の収益はキープされる計算になりますから放置するよりも現金の総量は多くなります。

よって停滞したり、手がかけられなくなってしまったブログは放置するよりも売却してしまった方が良いと言えるでしょう。

ちなみに以下ではおすすめのサイト売却仲介サイトや高くブログを売るコツなどを紹介していますのでブログの売却に興味のある方はそちらもご覧ください。

合わせて読みたい
【売り視点】サイト売買は儲かる?月2万円のサイトを100万円で売却した個人が解説
【売り視点】サイト売買は儲かる?月2万円のサイトを100万円で売却した個人が解説

ブログ収益化でおすすめなコツ

ところで以下ではブログ収益化でおすすめなコツを紹介していきます。

ブログ収益化でおすすめなコツ
  • 雑記ブログより特化ブログ
  • アドセンスにとらわれない
  • 半年で収益化できないなら方針転換

以下詳しく解説していきます。

雑記ブログより特化ブログで収益化がおすすめ

まず、1つ目のブログの収益化でのおすすめのコツとしては雑記ブログよりも特化ブログを作ることです。

理由としては特化ブログの方が上位に上がりやすい点と収益が高くなりやすい点が挙げられます。

やはり、分野がバラバラの雑記ブログよりも特化ブログの方が専門性が高く評価されやすい上にその分野に興味のある方が集まるため、広告の成果にも繋がりやすく、収益にも繋がりやすいです。

そのため、雑記ブログよりも特化ブログの方が収益化の観点ではおすすめです。

るな
るな

雑記ブログから徐々にジャンルを減らして特化ブログにするのもありだよ。

ブログの収益化でアドセンスにとらわれない

2つ目のブログの収益化でのおすすめのコツとしてはアドセンスにとらわれないということです。

理由としてはアドンセスの単価は10円〜300円前後と低いからです。

特に初心者の方などはついつい収益をゼロから1にするのにアドセンスが簡単であるため、その後もついついアドセンスに頼ってしまいがちです。

しかし、アドセンスに頼っていると基本的にPV数を増やさなくてはならず、せいぜい月5万円程度で止まってしまいます。

一方で成約までハードルは高いですが、単価の高いアフィリエイトは1つ成約するだけでも1万円を超えるようなものも多くあり、結果として集客も少なく、稼げる額も多くなります。

よってアドセンスばかりにとらわれて単価が低くなってしまわないことが収益化におけるコツだと言えるでしょう。

半年でブログで収益化できないなら方針転換がおすすめ

3つ目のブログの収益化でのおすすめのコツとしては半年で収益化できないのなら方針転換をするということです。

理由としてはおおよそ半年が過ぎてほとんどアクセスや収益が出ない場合方向性が間違っている可能性が高いからです。

例えば、よくブログの収益化には時間がかかるということを耳にするとは思いますが、基本的に時間がかかったとしても3ヶ月前後ではアクセスや収益の成果がポツポツで始めることが多いです。

これで収益化に時間がかかるということを間に受けて半年、1年とアクセスや収益が全く出ないのに続けていると時間を無駄にしてしまいます。

3ヶ月〜半年が方針転換の目安

実際に私自身もブログを始めたばかりはこのようなことを信用しながら半年以上アクセスや収益がなかなか来ないまま続けて時間を浪費してしまったことがあります。

そのため、こういったことにならないように半年ほど続けてアクセスや収益が全くないようであれば需要がなく、方向性が間違っていると割り切り、ジャンルを変えるなど方針転換がおすすめです

しおん
しおん

成果が出ない時は意固地になって続けてしまうこともあるから気をつけて。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました