サイト構築
PR

コンテンツ販売はブログとともにやるべき理由とは?コンテンツ販売にブログは必須です!

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

コンテンツ販売をしてみたい!でも集客方法やどこで売れば良いかわからない。

コンテンツ販売を始めようとしている方でこのような疑問を抱えている方は少なくないのではないでしょうか。

そこで今回はコンテンツ販売でどこで売れば良いのか、売るためのプラットフォームや低コストでのコンテンツ販売での集客方法などを解説していきます。

本記事でわかること
  • コンテンツ販売の特徴
  • コンテンツ販売はどこで売るのか
  • コンテンツ販売はブログで低コスト集客できる
  • コンテンツ販売の集客ブログの作り方
合わせて読みたい
個人でホームページを作成する方法!知識なしで最も簡単にできる方法を解説
個人でホームページを作成する方法!知識なしで最も簡単にできる方法を解説

コンテンツ販売とは?

コンテンツ販売とはそもそも自分が持っている特定の情報や専門知識などを商品として販売することを言います。

また、一般的には物販のような実際の物があるわけではなく、無形のものが主体です。

コンテンツ販売で展開されるものとしては以下のようなものがあります。

  1. テキストコンテンツ
  2. 音声コンテンツ
  3. 動画コンテンツ
  4. コンサルティング
  5. 画像コンテンツ
  6. オンラインセミナー

特にテキストコンテンツは電子書籍や有料文章など文章ベースのコンテンツであるため、比較的初心者の方でも手軽に始めやすい部分があります。

しおん
しおん

自分の声や動画は抵抗のある人も多いけど文章だと手軽に始めやすいよね。

コンテンツ販売のメリット

ちなみにコンテンツ販売を行うメリットとしては以下のようなものがあります。

  1. 自由な価格設定が可能
  2. 原価がかからない
  3. 初期費用が少ない
  4. リスクが少ない

特にコンテンツ販売の大きなメリットとしてはやはり、原価がかからずリスクの少ない事業ができるという部分にあると言えるでしょう。

実際に原価のかかるグッズ販売や飲食などと比べて在庫や原価によって利益率が圧迫されることがないため、赤字にはなりずらくリスクの少ない販売ができます。

るな
るな

原価がないということは費用も少なくて済むね。

コンテンツ販売のデメリット

一方でコンテンツ販売のデメリットとしては以下のようなものがあります。

  1. 競争相手の多さ
  2. 質の高いコンテンツの必要性
  3. パクられるリスク

特にコンテンツ販売はリスクが少ないという魅力はありますが、その分参入障壁が低く多くの人が参入してきやすい市場でもあります。

そのため、競争相手が多くなりがちで競争が激しくなりがちなのがメリットと裏腹に出てくる最大のデメリットだと言えるでしょう。

しおん
しおん

競争相手が多いから埋もれる可能性が高いのはデメリットだね。

コンテンツ販売のプラットフォーム

ところでコンテンツ販売をするにあたってはどこのプラットフォームを活用して売れば良いのか。

基本的にはコンテンツ販売では以下の2つのパターンで売る方法があります。

コンテンツ販売の2つのパターン
  • コンテンツ販売専用のプラットフォーム
  • 独自作成のコンテンツプラットフォーム

コンテンツ販売専用のプラットフォーム

まず、コンテンツ販売専用のプラットフォームで作る方法としては企業がサービスとして展開しているいわゆるショッピングモールのような形の場所でコンテンツ販売を行うスタイルです。

この形態のメリットとしては以下のような部分があります。

  • プラットフォームの知名度を使える
  • 手軽にコンテンツ販売をしやすい
  • 初心者でも使いやすい

一方でデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 手数料が高い
  • 自分好みにカスタマイズできない
  • 他のコンテンツ販売者と差別化しにくい
  • 独自の顧客がつきにくい

また、代表的なおすすめのコンテンツ販売専用プラットフォームとしては以下のようなものがあります。

  • note
  • ココナラ

下記で詳しく解説していきます。

note

まず、一つ目はnoteがあります。

noteはブログのような形で文章コンテンツを販売できるプラットフォームとなっています。

基本的に無料で使えて文章コンテンツの記事書きや無料、有料販売ができ、必要な決済機能も備わっているプラットフォームです。

ちなみにnoteの月500円の有料機能では数量販売やサブスク型購読機能など自分の文章コンテンツの販売を柔軟に行える機能が揃っています。

一方で有料記事の販売でかかる手数料としては主にプラットフォーム手数料と決済手数料がかかるため、合わせて最低15%〜最大で35%の手数料がかかります。

るな
るな

文章コンテンツの販売に向いているけど手数料がかなり高いのがデメリットだね。

ココナラ

もう一つとしてはココナラがあります。

ココナラは日本最大級のスキルマーケットで個人のスキルや経験などを活かして様々なコンテンツを販売できるサービスです。

主にイラストコンテンツやコンサル、写真や動画といったコンテンツなどが売買できます。

コンテンツの販売に必要な決済機能や電話、チャット機能なども豊富に揃っているため、プラットフォーム上で様々なコンテンツの取引が可能です。

一方で手数料としては出品者が22%、購入者が5.5%の手数料となっています。

しおん
しおん

出品者の手数料が高いのがネックだね。

独自で作成したコンテンツ販売プラットフォーム

一方で独自で作成したコンテンツ販売プラットフォームで作る方法としては文字通り自分でプラットフォームも用意する方法です。

確かに自分でプラットフォームを用意するのは難しそうですが、現在ではすぐにプラットフォームを構築できるサービスなども整っており、用意すること自体は難しくありません。

実際に本格的に長くコンテンツ販売を行うのであれば、他の用意してもらったプラットフォームよりも手数料が抑えられるためこちらの方がおすすめです。

ちなみにこの形態のメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 手数料が抑えられる
  • コンテンツ販売を差別化できる
  • 自分のプラットフォームを自由にカスタマイズできる
  • プラットフォームごと売却も可能

一方でデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 自分でプラットフォームの管理が必要
  • プラットフォームの費用が必要

また、代表的な独自のコンテンツ販売プラットフォームを展開する方法としては以下のようなものがあります。

  • 決済機能のあるブログ
  • カラーミーショップ

下記で詳しく解説していきます。

決済機能のあるブログ

まず、一つ目は決済機能のあるブログを活用する方法があります。

例えば、ワードプレスで作っているブログであれば決済サービスを導入したり、有料記事の販売ができる機能の備わっているテーマなどを利用することで有料記事の販売が可能です。

決済サービスを導入する場合であれば決済サービスのスクエアのアカウントを作成し、ワードプレスのプラグインをインストールして使用する方法テーマを活用するのであれば有料テーマのJINRを活用して販売する方法などがあります。

この方法ではブログさえ持っていれば簡単に販売でき、手数料を低くできる点が魅力です。

るな
るな

自分のプラットフォームだからプラットフォーム利用料などがかからないのがお得だね。

カラーミーショップ

もう一つはカラーミーショップを活用する方法です。

カラーミーショップでは同サービスを利用するだけで決済や販売機能などが整った独自のECサイトを簡単に展開することができます。

そのため、カラーミーショップを使うだけで自分自身のECサイトを立ち上げて自分のコンテンツを販売することができます。

また、ECサイトの装飾も自分でできるため、独自性が高く、販売コンテンツにあった独自のプラットフォームで動画コンテンツや画像、コンサルサービスなどのコンテンツ販売を行うことができます。

この方法も同様に手数料を抑えられる点が魅力です。

しおん
しおん

独自のプラットフォームで差別化できるのも良いよね。

コンテンツ販売をブログと行うべき理由

上記でどのようなコンテンツ販売の方法があるのかを説明してきましたが、どの方法であれコンテンツ販売をするのならブログとともにコンテンツ販売を行うべきです。

理由としては以下のようなものがあります。

コンテンツ販売をブログと行うべき理由
  • ブログでコンテンツ販売の集客ができる
  • 膨大な広告費をかけなくて良い

下記詳しく解説していきます。

ブログでコンテンツ販売の集客ができる

まず、コンテンツ販売をブログとともに行うべき理由の一つにはブログでコンテンツ販売の集客ができるという点が挙げられます。

例えば、どのプラットフォームにしろただコンテンツ販売しているだけではどんなコンテンツも基本的には売れません。

コンテンツを買ってもらうためには集客をして知ってもらう必要があるからです。

実際にココナラでもnoteでも独自プラットフォームでもただ販売しているだけでは誰も集客はしてくれません。

プラットフォームで売っているだけでは集客にならない

よって自分で集客をする必要がありますが、ブログも展開しておくことでSEO対策により上位記事があれば簡単に集客ができ、その自分の記事からコンテンツ販売をしている部分にリンクなどで呼びかけます。

そうすれば潜在的な顧客がブログから気づいてくれることでコンテンツ販売の方に顧客が流れて集客ができ、購入してくれる可能性も高まります

この点でコンテンツ販売とブログの組み合わせは効果が高いと言えるでしょう。

膨大な広告費をかけなくて良い

もう一つのコンテンツ販売とともにブログを行うべき理由は膨大な広告費をかけなくて良いという点が挙げられます。

例えば、コンテンツ販売をどこのプラットフォームで行うにしても集客ができなければ購入されません。

そこでSNS広告やGoogleでの広告をかけて集客を行うという方法もありますが、この方法だと基本的に最低でも月20〜30万以上の広告費が必要なことにあります。

しかし、ブログで記事を書いて上位に上げることで集客を行う場合は月1000円程度のサーバー代だけで集客をできることになります。

そのため、コンテンツ販売の集客を行うためにブログを活用すれば膨大な広告費をかけなくて良いという点でメリットだと言えるでしょう。

るな
るな

膨大な広告費をかけずに済むならブログで集客した方が得だよね。

コンテンツ販売のブログにおすすめなサーバー

ちなみにコンテンツ販売の集客をするためのブログを展開するために必要なサーバーにおすすめなのはエックスサーバーです。

エックスサーバーではサーバー契約のみでブログに必要な独ドメインやワードプレス、レンタルサーバーを一括で用意でき、すぐにブログを始めることができます

基本的に一般的なプランのスタンダードプランでは月1100円でブログが展開できます。

集客で広告を使った場合では月10万〜月数百万以上の広告費がかかることを考えると非常に低価格で集客展開ができお得な水準だと言えるでしょう。

ちなみにより詳細なレンタルサーバーの比較やプラン比較、などは下記からご覧になれますのでぜひこちらもご覧ください。

合わせて読みたい
個人向けのレンタルサーバーでおすすめは?個人向けレンタルサーバーを徹底比較!
個人向けのレンタルサーバーでおすすめは?個人向けレンタルサーバーを徹底比較!

コンテンツ販売には集客が必須ですからリーズナブルに集客ができるブログもエックスサーバーで展開しておきましょう。

しおん
しおん

コンテンツ販売は集客が必須だから広告より格段に低価格な集客ができるブログは絶対に展開しておきたいね。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました