サイト構築
PR

GoogleのAIのBardでブログがオワコン化する?GoogleのAIがブログを破壊する理由

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

現在、ChatGPTを皮切りにAI開発が熾烈となってきています。

その中でGoogleもAI開発を進めており、BardというAIの開発を進めていてこれにより、Google検索も従来と比べて大きく変化する可能性が予測されています。

その中でブログはどうなっていくのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はGoogleのAIのBardがブログにどのような影響を及ぼすのか解説していきます。

本記事でわかること
  • GoogleのAIのBardとは?
  • GoogleのAIのBardが及ぼす影響
  • Bardがブログをオワコン化させる理由
  • GoogleのBardによるブログオワコン化の対処法
合わせて読みたい
ブログは放置するな!ブログを放置するくらいなら売却した方が儲かる理由
ブログは放置するな!ブログを放置するくらいなら売却した方が儲かる理由

GoogleのAIのBardとは?

そもそもGoogleのAI、Bardとは何か。

GoogleのBardとは対話型の生成AIで検索のようにチャット欄に文章を打ち込むだけで自然言語ベースで会話型のやり取りができるAIです。

現在は試験的な運用が行われていますが、Google検索とも連携して検索のトップ部分にBardがGoogle検索上のサイトやブログから情報を抽出した要約に近い文章を出す機能のテストも行われています。

るな
るな

検索の要約が出ると検索する側は情報を探しやすくなるね。

BardはBingやChatGPTへの対抗

ちなみに少し前には打ち込んだ文章に対して単一の文章で正確に回答する生成系AIであるChatGPTやマイクロソフトがChatGPTを活用して自社の検索エンジンであるBingと組み合わせて同じようなAIサービスを展開したことで有名です。

特にマイクロソフトがBingに搭載した検索上の情報を抽出して単一の回答として生成するAIサービスは現状圧倒的な検索シェアを誇るGoogleに対して先手を打って試験導入し、現在本格展開をすでに行なっています。

この点でGoogleは既存のビジネスがブログやサイトによる広告からの収益で収益を傷つける恐れがあるため、単一の回答を生成して返答するAI開発には従来慎重な姿勢でしたが、現在はこのBardの展開を早めているように感じられます

実際にこのBardは日本などでも試験運用が始まっていますから、ある種先手を打ったマイクロソフトなどへの対抗といったところでしょう。

GoogleのAIのBardの本格導入

マイクロソフトの場合ある種検索広告からの収益少ないため、試験導入から2、3ヶ月後には本格導入と比較的早い段階でBingへAIチャットが導入されました。

しかし、Googleの場合は検索からの広告がメインであるため、検索エンジンの仕様を変更することはGoogleの収益に大きな影響が出ることになります。

そのため、日本でも現在Bardは試験導入されていますが本格導入までにはより時間がかかる可能性が高いと言えます。

しかし、今後も生成系AIの開発が進んでいく中でGoogleのみ取り残される状態は避けたいはずですから、今後Bardが本格導入されるのもそんなに遠くはない話だと言えるでしょう。

しおん
しおん

Bardが試験導入されている時点で本格導入も時間の問題だよね。

GoogleのAIのBardでブログがオワコン化する理由

そのため、GoogleがAIのBardを本格導入するのは確定路線といって間違いないでしょう。

しかし、そうなるとGoogleのAIのBardが導入されてSEOは大きく変化、ブログがオワコン化する可能性が高まるかもしれません。

るな
るな

なんでBardが導入されるとブログがオワコン化する可能性が高まるの?

理由としては下記の通りです。

Bard導入でブログがオワコン化する理由
  • BardがSEOで1位に来るから
  • BardでよりAIの競争が加速するから
  • AIによる量産記事の増殖

BardがSEOで1位に来るから

まず、一つ目のGoogleのAI、Bardによりブログがオワコン化する理由としてはBardがSEOで1位に来るからという点が挙げられます。

BardがGoogle検索で導入されると多数のサイトやブログから抽出した情報からまとめられた回答が基本的に検索順位1位に表示されます。

そうなると最もクリックされる検索順位1位の部分がほとんど全てBardに占領されることになり、そのほかのサイトやブログは2位以降に表示され、クリックされにくい形になってしまいます。

するとPV数も全体的に減少することになり、広告のクリックやアフィリエイト報酬も減少してしまうことになります。

よってBardによりPVや収益が伸びにくくなれば必然的にブログがオワコンとなってしまう状態は避けられないと言えるでしょう。

BardでよりAIの競争が加速するから

次に二つ目の理由としてはBardでよりAIの開発競争が加速する可能性があげられます。

例えば、ChatGPTが出てきたことでBingやBardなど他のAI系の開発が進んだようにBardが出たことにより、またさらに生成系のAIの開発が加速する可能性が高まります。

この競争の加速によりさらに高性能な単一の文章を生成するようなAIが生まれる可能性があり、より高性能な単一な回答が出ることで疑問が解消し、Google検索を使う率が減る可能性が出てきます。

そうなるとブログやサイトは見られる機会が減り、するとPVや広告収益が減ることでブログのオワコン化が近づいてしまうことになると言えるでしょう。

この点でAIの開発競争の加速がブログのオワコン化を進める一つの理由と言えます。

AIによる量産記事の増殖

三つ目の理由としてはAIによる量産記事の増殖が挙げられます。

実際に現在はChatGPTなど文章を簡単に作成できるAIが増加してきているため、AIを活用した記事が量産されている部分があります。

今後もより文章生成AIの精度が上がっていけば記事作成にも使われる割合が増加し、AI記事が増加していくことが考えられます。

そうすると普通の記事よりも何倍のスピードや記事を量産するAIを活用した記事の方が圧倒的に量が多く、普通の記事が埋もれていくことになります

結果として今まで通りの書き方でブログ記事を書いているブログは不利になり、オワコン化が進む一つの要因となると言えるでしょう。

Bard導入後のブログオワコン化への対処策

ではBard導入後に起きる可能性の高いブログのオワコン化に対処するにはどうしたら良いのか。

ブログのオワコン化に対する対処法としては以下のような方法がおすすめです。

Bard導入後の対策
  • 属人性の高いもしくは皮肉や棘が多めなブログを書く
  • SEOから流入をシフトする
  • 価値があるうちにブログを売却する

属人性の高いもしくは皮肉や棘が多めのブログを書く

まず、一つ目の対処法としては属人性の高いもしくは皮肉や棘が多めのブログを書く方法です。

理由としてはBardなどのAIは属人性を作りにくく、皮肉や棘のある文章の生成は依然として不向きな部分があるからです。

例えば、現在ChatGPTやBingのチャットボットなどで文章を生成して貰えば分かりやすいですが、基本的に中立的な文章や正確な文章を出そうとするため、皮肉や棘のある文章はほぼ生成されることはありません。

そのため、Bardでもそのような仕組みになる可能性が高いです。

そうなるとBardで生成されるような中立的な文章のブログは見られる可能性が下がりますが、皮肉や棘のある文章は逆にそのような回答を求める人たちからはBardでは需要が満たされず、これらのブログに流入してくる率が高まります

また、属人性が高ければその人の意見を聞きたいという需要があり、中立的な意見しか出さないAIには置き換えられない需要が生まれます。

これらの理由から属人性の高いもしくは皮肉や棘の多めのブログを書くことが一つの対処法だと言えるでしょう。

しおん
しおん

AIの文章って中立的で当たり障りのない文章が出ることが多いよね。

SEOから流入をシフトする

次に二つ目の対処法としてはSEOから流入をシフトする方法です。

理由としてはBardにより検索順位1位を占領されるのであれば別の流入手段を作ることができればBardによる影響を減らせるからです。

例えば、旧TwitterやインスタなどのSNSを使ったブログの流入を行えばBardによる影響は受けずに済みます。

また、自分自身のブログを広告を出すなどして知ってもらうことで自分のブログ名や直接のリンクから流入してくれることができればBardの影響を避けることができます。

よってこういったGoogle検索以外からの流入を確保することでBardによるブログのオワコン化に対処できる可能性があると言えるでしょう。

価値があるうちにブログを売却する

三つ目の対処法としては価値があるうちにブログを売却するという方法です。

理由としてはBardが普及する可能性があるということが依然として知られていない部分が多いからです。

Bardが普及するとクリックされづらくなり、PV数も取りにくくなることで収益性も下がる可能性は高く、そうなるとブログの売却でも価値が落ちる可能性は高くなります。

しかし、現状Bardによって収益性が下がる可能性があることは勘づいているのはほんの一部の人に限られています

そのため、今のうちであればブログ売却の相場、ブログ収益の12ヶ月分〜24ヶ月分で売れる可能性は高いです。

よってBardの本格的導入により、ブログの収益性が落ちる前にブログを早めに売却することで少なくとも現状の収益の12ヶ月〜24ヶ月を確保した状態で抜けることが一つの対処法だと言えるでしょう。

合わせて読みたい
【売り視点】サイト売買は儲かる?月2万円のサイトを100万円で売却した個人が解説
【売り視点】サイト売買は儲かる?月2万円のサイトを100万円で売却した個人が解説

ラッコM&Aがおすすめ

ちなみにこのサイト売買を行うならラッコM&Aで売却するのがおすすめです。

理由としては他のサイト売買サービスよりも初心者にも使いやすく、売却手数料が無料だからです。

以下ではより詳細なラッコM&Aの特徴を示したものです。

  • 売却手数料無料
  • サイト移行代行
  • 各種連携ツール
  • 無料自動契約書生成機能

特に売却手数料の部分は他のサイト売買仲介サービスの多くが数%の手数料を取るのに対してラッコM&Aの場合は売却手数料が無料な上に他の掲載料や着手金など複雑な手数料もありません。

そのため、ラッコM&Aでサイト売却する際は手数料がかからないためおすすめです。

また、初心者の方がサイト売却の際によく不安に思うのが売却した際の移行作業の部分ですがラッコM&Aの場合、サイト移行代行サービスがありこれを利用すれば移行を自分でできなくても全てラッコM&Aが行なってくれるため安心です。

よって売却の際手数料を無駄にせず、初心者にも優しいサイト移行代行サービスのあるラッコM&Aでの売却がおすすめです。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました