サイト構築
PR

ブログの文字数の目安は?ブログの文字数は多すぎても少なすぎてもダメな理由

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログの文字数ってどれくらいが良いの?

ブログで上位に上げることを狙っている方はこのような疑問を抱えてる方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はブログの文字数の目安やブログの最適な長さなどを解説していきます。

本記事でわかること
  • ブログの文字数の目安
  • SEOに最適なブログの文字数
  • ブログは長すぎても短すぎても良くない理由
  • ブログは文字数ではない
合わせて読みたい
ブログで読まれるジャンルは?ブログで読まれるジャンルはこれ1択です!
ブログで読まれるジャンルは?ブログで読まれるジャンルはこれ1択です!

ブログの文字数に目安は基本的に無い

結論としてブログの文字数に明確な目安は基本的にありません。

様々なブログを見てもらえば一目瞭然だと思いますが、上位に来ているブログでも1万字を超えるようなブログから2000字、3000字、時には数百字程度しかないブログもあったりします。

つまり、ブログを上位に上げるために必要な文字数の目安というのは存在していないのです。

しおん
しおん

ブログの記事には様々な文字数の記事があるよね。

ブログの文字数の目安をあえて出すなら3000字

ただ、ブログの文字数の目安は無いと言ってもそれでは流石に分かりにくいかと思います。

そこであえてブログの文字数の目安を出すとすると3000字が目安だと言えるでしょう。

実際にそのブログの記事内容や発信する関連キーワードにもよりますが、基本的に検索の1位や上位にきている記事では3000字前後の記事が多い印象です。

もちろん、検索ボリュームが非常に多いキーワードや専門性が高く、どうしても説明が長くなるようなキーワードであればもう少し長くなることが多いです。

そのため、一般的なキーワードにおいては3000字前後がブログの文字数の目安だと言って良いでしょう。

ただし、本質的にはブログの文字数の目安をあえて出すなら3000字という部分で完全な目安は無いということは忘れないでおいてください。

ブログの文字数は多すぎず少なくすぎず最適に

ちなみになぜ3000字が目安としたのかというと一般的に3000字前後がそのキーワードの疑問に過不足なく適切に説明できる文字数だからです。

基本的に検索エンジンで上位に出やすい文字数は文字数が多すぎず、少なすぎず検索意図にあった回答を行う記事です。

よってこういった記事になるのは3000字程度の回答記事がなりやすいのです。

一方で逆にブログの文字数が多すぎたり、少なすぎると以下のようなデメリットがあります。

ブログの文字数が多すぎるデメリット

ブログの文字数が多すぎるデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • ユーザーが欲しい情報が見つけにくくなる
  • 文字数が多すぎてユーザーに呆れられる
  • インデックスがされにくくなる

特にブログの文字数が多すぎる致命的なデメリットとしてはユーザーが欲しい情報を見つけにくくなる点です。

よくブログの文字数は多ければ多いほど良いブログになるだろうとか、文字が多ければ上位に表示されるだろうと勘違いして網羅的すぎるほど情報を詰め込む人がいますがこれは間違いで逆にユーザーにとって分かりにくくなるという致命的な欠点になるからです。

また、網羅的に書きすぎて文字数が多くなりすぎるとGoogleの方も機械でインデックスしているため、何を意図して記事を書いているのかが判断しにくくなり、逆にインデックスされにくくなる減少が起きる可能性も高まります。

これらの点でブログの文字数が多すぎると逆に最適とは言えずデメリットとなってしまいます。

ブログの文字数が少なすぎるデメリット

一方でブログの文字数が少なすぎるデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • ユーザーが知りたい情報がない
  • ユーザーが知りたい情報が不足する
  • 離脱率が高まる

特にブログの文字数が少なすぎるデメリットとしてはユーザーが知りたい情報が不足するという点です。

やはり、文字数が少なすぎるとユーザーが知りたい情報に抜けがあったり、不十分な情報となってしまいがちです。

また、手法や方法に関するブログだと文字数が少なすぎると伝わらなかったり、指示が足りなくて分からないブログとなってしまいがちで結果として離脱率も高まるデメリットにも繋がってしまうと言えるでしょう。

ブログの文字数よりも重要なこと

一方で基本的にブログにおいては文字数よりも重要な点があります。

以下これらの点を抑えればおおよそ文字数を意識しなくても最適な文字数に収まりますし、SEO的にも評価されやすいブログになります。

ブログの文字数より重要なこと
  • 独自性
  • ユーザーの疑問を解決すること
  • ユーザーが見やすく分かりやすい点

以下詳しく解説していきます。

独自性

まず、一つ目にブログの文字数よりも重要なこととしては独自性が挙げられます。

いくら最適な文字数にしようが他のブログの記事と同じ内容ばかりの真似した記事であればユーザーにとって解決となる知識は増えませんし、Googleにも評価されず上位にも表示されないからです。

逆に独自性さえあれば他のブログには無い情報を求めて集まってくるユーザーが増えますし、Googleにおいてもこの独自性が評価されて検索も上位に上がりやすくなります。

加えて、独自性さえあれば基本的に多少文字数の過不足があったとしてもその文字数なんかよりも重視されて評価されるため、単に文字数を気にするよりも独自性にこだわる方が効果は大きいと言えるでしょう。

ユーザーの疑問を解決すること

次にブログの文字数よりも重要なこととしてはユーザーの疑問を解決するということです。

理由としてはユーザーの疑問を解決するような文章を書ければ基本的には最適な文字数になる可能性が高いからです。

例えば多くのユーザーはそのブログが何文字のブログなのかということよりも疑問を解決するためにブログを閲覧しにきます。

よってブログが何文字なのかなのはどうでも良く基本的に疑問が満たされればユーザーは解決して閲覧を終了します。

ということは必然的にユーザーの疑問を解決する文章を書けば必然的にそれがユーザーにとって最適な文字数ということになります。

結果として優先すべきは単にブログの文字数よりもユーザーの疑問を解決する部分だと言えるでしょう。

ユーザーが見やすく分かりやすい点

三つ目にブログの文字数よりも重要なことはユーザーが見やすく分かりやすくする点です。

理由としては文字数よりも見やすく、分かりやすい記事を心がける方がユーザーが満足して閲覧を終了する確率が高まるからです。

ブログの文字数ばかりを気にする場合多くは余計な文章や記述を入れがちになります。

そうなるとユーザーが本当に知りたい疑問までに道のりが遠くなり、その上分かりにくく見にくい文章になってしまいます

それを避けるためには単にブログの文字数を意識するよりもユーザーに見やすく、分かりやすくを重視することで結果としてユーザーにとっての最適な文章量にも繋がることになると言えるでしょう。

るな
るな

文字数よりもユーザーファーストが重要だね。

ブログを最適な文字数で作るための便利ツール

ところで最初からブログの重要な部分を満たした文章量の記事を一から作っていくのは手間のかかる作業ですし、面倒な部分があるのも事実です。

そこで以下ではそんなブログで重要な部分を満たしつつ最適な文章量の記事作成に役立つツールを紹介していきます。

ブログを最適な文字数で作るための便利ツール
  • ラッコキーワード
  • SAKUBUN

ラッコキーワード

まず、一つ目のブログを最適な文字数で作るための便利ツールはラッコキーワードです。

以下がラッコキーワードの特徴になります。

  • 月間検索数取得
  • 検索キーワード取得
  • 見出し抽出
  • 穴場キーワードの発掘

ラッコキーワードでは月間検索数の取得や検索キーワードの取得が可能であるため、ブログを書く際に重要となるキーワード選びの時間を短縮できます。

また、競合性や上位に表示された場合の数値なども把握できるため、競合記事の把握や需要などの把握も可能です。

よってラッコキーワードは競合や需要を把握して最適な分量の記事作成の把握に役立つツールだと言えるでしょう。

SAKUBUN

もう一つのブログを最適な文字数で作るための便利ツールとしてはSAKUBUNがあります。

以下がSAKUBUNの特徴になります。

  • AIライティングツール
  • SEO記事やタイトル、見出し作成
  • 100種類以上のテンプレート
  • GPT-4搭載

SAKUBUNはSEO記事や広告分などの100種類以上の日本語テンプレートを備え、GPT-4を搭載したAIライティングツールです。

GPT-4を搭載している上に100種類以上の日本語のテンプレートを備えているため、ChatGPTよりも効率よくコンテンツ作成が可能

特に長文を書くことになるブログ作成には適したAIライティングツールだと言えるでしょう。

SAKUBUNに面倒な文章部分はAIに任せて重要な独自性やユーザーファーストの文章部分に専念して最適な文章量の記事を効率的に作成していきましょう。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました