サイト構築
PR

今やAIでブログ記事を書くのは当たり前?ブログ記事作成におすすめなAIツールなど解説

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

近年、ChatGPTなど生成系AIの興隆により文章や画像などを生成してくれるAIの活用が盛んになっています。

るな
るな

AIでブログ記事を書くのってどうなの?

そんな中でこのようにAIでブログ記事を書くことに興味を持っている方や実際にAIツールを活用してブログ記事を書いてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では以下のような疑問に答えていきます。

本記事でわかること
  • AIを活用した記事の普及現状
  • AIツールを取り入れる必要性
  • AIで記事を書くメリットとデメリット
  • おすすめのブログ記事作成AIツール
合わせて読みたい
GoogleのAIのBardでブログがオワコン化する?GoogleのAIがブログを破壊する理由
GoogleのAIのBardでブログがオワコン化する?GoogleのAIがブログを破壊する理由

AIでのブログ記事作成の普及

現在のAIでのブログ記事作成はChatGPTを皮切りに広まっている部分があります。

実際に以前まではなかなか自然言語のAIを簡単に利用することは精度やアクセス、金額面の問題などで難しい部分がありました。

しかし、ChatGPTが2022年の11月に公開されたことで高性能な自然言語のAIが手軽にアクセス可能に。

しかも、ChatGPTのAPIも簡単に使用できるため、ChatGPTをベースにしたAIツールも増加し手軽に自然言語のAIを活用できる環境が構築されつつあります

よってこういったことを背景にブログ記事作成でも企業や個人ブロガーもAIによる記事作成を取り入れつつあります。

今後もAIの開発はより精度が高くなっていくことを考えるとますます企業や個人ブロガーが効率化などのためにAIによる記事作成を取り入れていく率は増えていくと言えるでしょう。

しおん
しおん

AIによる記事作成はChatGPTが火付け役になった感があるね。

AIでブログ記事を書くメリット

ちなみにAIでブログ記事を書くメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 効率的な記事書きができる
  • 時間とお金の節約ができる
  • 記事の量産ができる

特にブログの記事書きでは同じような言い回しや似たような記事を書くことも多いですからそういった部分ではAIでブログを書いてもらうことで自分で書くよりも時間の節約や効率的な記事書きがしやすくなると言えるでしょう。

また、AIを活用することで複数のブログなどを展開している個人ブロガーや企業では1つにかかる時間を縮小できることで複数の記事展開を少人数で量産できる点でメリットだと思われます。

AIでブログ記事を書くデメリット

一方でAIでブログ記事を書くデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 似たような記事になりがち
  • 中立的な記事が多く面白みがない
  • 無機質な文章になりがち
  • 正確な情報でない記事が生成されることがある

AIでブログ記事を作成する場合に特にデメリットになる部分としては独自性がなく似たような文章になりがちな部分です。

基本的にAI記事は既知の情報から抽出して記述するため、どのような記事を出すのか指定の仕方にもよりますが似通った記事がでがちです。

また、似通った記事や無機質な文章になりがちなため、独自性の薄い文章になります。

そうなると独自性を重視するSEOではあまり好ましくない状態の文章を出しやすい点でデメリットだと言えるでしょう。

AIでのブログ記事作成を取り入れる必要性

AIでのブログ記事作成では確かにデメリット部分もありますが、今後ブログを続けていくのであればやはり、記事作りでAIを取り入れることは必須となってきます。

以下が今後AIでのブログ記事作成を取り入れる必要性です。

AIでのブログ記事作成を取り入れる必要性
  • 競合の効率化、物量に埋もれないため
  • AIのブログ記事作成により継続しやすくなる
  • 外注費よりも安くなる

下記詳しく解説していきます。

競合のAIのブログ記事作成の効率、物量に埋もれないため

まず、一つ目の今後AIでのブログ記事作成を取り入れる必要性としては競合のAIのブログ記事作成の効率、物量に埋もれないようにするためです。

今後AIをブログに取り入れる競合サイトはますます増えていくと思われますが、取り入れた競合サイトは1つの記事作成の効率が向上し、記事の作成量も飛躍的に増える可能性が高まります。

一方で仮に自分自身のブロブでは取り入れなかった場合、AIを取り入れた競合のサイトには効率面でおされることになり、大量の記事を作成する競合の記事に自分の記事が徐々に埋もれていくことになります。

そうなると自分の記事の検索順位が徐々に埋もれ、PV数や収益も下がっていく可能性が高いと言えるでしょう。

そうならないためにも競合のサイトと同じくAIを取り入れて記事作成の効率化、これまで以上に記事の量産をできる状態を整えておく必要性があると言えるでしょう。

AIのブログ記事作成により継続しやすくなる

次に二つ目のAIを取り入れる必要性としてはAIのブログ記事作成により継続しやすくなるという点が挙げられます。

理由としてはブログの記事作成にAIを取り入れることで面倒なルーティン的な作業をAIに任せ、作業時間を短縮できるため、面倒になって記事作成をやめる率を減らせるからです。

実際にAIを使わずに自分のみでブログ記事を書いている場合、全て自分で記事作成を行わなければならず、嫌になってしまうことも多いかと思います。

こういったことが重なるとブログの更新をやめてしまう率が高まりますが、AIを取り入れておけばこのようなうんざりする状態を確実に減らすことができます。

その点でAIを取り入れることでブログ作成を継続しやすくなるという利点があると言えるでしょう。

外注よりAIでブログ記事を作成した方が安い

三つ目のAIを取り入れる必要性としては外注よりAIでブログ記事を作成した方が安い点が挙げられます。

理由としては外注としてライターを使用する場合は1記事ごとに料金がかかるのに対してAIの場合は月額料金で固定だからです。

実際に大規模に記事作成を行なっている個人や企業のブログでは一人で記事書きするのは限界でライターを使って記事を書くことがこれまでは多かった部分があると思われますが、ライターを使う場合、1記事数百円から数千円かかります。

こうなると記事数が増えれば増えるほどかかる費用が増えていきます。

一方できちんとした高性能なAIを使う場合でもAIだと月額数千円程度で固定されるため、記事数が増えようともかかるお金は変わりません

そのため、記事の作成量が多い個人ブログや企業サイトほど外注よりもAIを活用する方が費用を安く抑えられると言えるでしょう。

おすすめのブログ記事作成AIツール

ではブログ記事作成を行うにはどのAIツールを使用するのがおすすめなのか厳選して紹介していきます。

  おすすめのAIツール
  • ChatGPT
  • SAKUBUN
  • Catchy

ChatGPT

まず、1つ目はOpenAIが開発したChatGPTです。

以下、主なChatGPTの特徴となっています。

  • 会話型のAI
  • 無料プランと20ドルの有料プラン
  • 画像やグラフ生成も可能
  • APIの利用が可能

プランはGPT-3.5の無料プランと20ドルのGPT-4の有料プランがありますが、違いとしては文章の精度や回答の速さ、優先アクセス権の有無、一部の高度な機能のアクセスの制限といった点で違いがあります。

ブログ記事で使用する場合は基本的により高機能なGPT-4の有料プラン一択と言えるでしょう。

理由としてはGPT-3.5の無料プランだと文章もありきたりな部分が多く、回答もかなり簡素な部分があるため、SEOを意識したブログ記事を書くにはやや物足りない部分があるからです。

ちなみに無料版は以前は長めの文章もかなり出力していたのですが、直近だとより簡素な回答しか出さなくなってきているため、やはりブログ記事作成ではGPT-4の有料プラン1択だと言えるでしょう。

SAKUBUN

2つ目はOpenAI社のGPT-3.5と4を活用してより効率的なライティングを可能にしたAIツールのSAKUBUNです。

以下主なSAKUBUNの特徴です。

  • 無料プランと各種有料プラン
  • ChatGPTより効率的な記事作成が可能
  • SEO記事や広告文など100種以上のテンプレート
  • SNS、メルマガの文章作成

SAKUBUNではChatGPTと同じくGPT-3.5や4を搭載していますがよりコンテンツ作成に特化しているため、ChatGPTより効率的なブログ記事作成ができる点が魅力です。

例えば、タイトル案や見出し、本文作成をワークフロー形式でできる上にChatGPTには無いSEO対策として特定のキーワードをしてすることも可能

加えてSEO記事や広告文など100種類以上の日本語のテンプレートを備えているため、ブログ記事作成にはうってつけのAIツールだと言えるでしょう。

Catchy

3つ目はCatchyです。

以下Catchyの特徴を示したものです。

  • キャッチコピー作成
  • SEO対策に役立つテキスト作成
  • 10回まで無料作成
  • 140種類のアウトプットパターン

Catchyは上記の2つと比べるとより補助的なAIになりますが、タイトルでのよりキャッチーな注目を集められるような文章を作成したい場合や部分的に説得力のある文章を出したいといったような特により使い勝手の良いAIツールです。

なかなか良い文章やアイディアが思いつかないといった時に利用するのにちょうど良いAIツールだと言えるでしょう。

結論:継続的にAIツールを使うならSAKUBUNがおすすめ

今回はChatGPTを皮切りにAIがブログ記事作成に使われてきているということから今後競合サイトに負けないためにもAIツールの取り入れは必須だということを紹介してきました。

また、その中でブログ記事作成におすすめなAIツールも紹介してきましたが結論としてブログ記事作成にAIツールを使うのであればSAKUBUN一択です。

理由としてはChatGPTのGPT-4の機能を使えつつ、ChatGPTには無い特定のワードを指定してSEO対策を行えたり、100種類以上の日本語テンプレートなど効率的なブログ記事作成に特化しているためです。

加えて、デフォルトが英語のChatGPTと違いサポートも日本語であるため、日本語で記事作成を行う方には適したAIツールだと言えます。

そのため、AIツールをブログ記事作成に導入するのであればSAKUBUNが一番適したAIツールだと言えるでしょう。

しおん
しおん

AIツールを今のうちに慣れておいて競合のブログに差をつけられないようにしないとね。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました