サイト構築
PR

ブログの外注化のやり方は?ブログ記事の外注化で効率よくブログ作成が可能です

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログをやっていてもっと効率化を図りたい方でブログの外注化を考えている人はこのような疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はブログの外注化の仕方やブログの外注化のメリットやデメリットなどを解説していきます。

本記事でわかること
  • ブログの外注化とは?
  • ブログの外注化のやり方
  • ブログの外注化のメリット
  • ブログの外注化のデメリット
合わせて読みたい
「ブログに疲れた」これは当然です!ブログに疲れた場合の対処法など解説
「ブログに疲れた」これは当然です!ブログに疲れた場合の対処法など解説

ブログの外注化とは?

そもそもブログの外注化とは自分が借りているドメインとレンタルサーバーで運営しているブログの記事や運営を他の者に任せることを言います。

主にブログの外注化では2パターンがあり、記事を任せるタイプの外注とブログの運営自体を任せるタイプの外注があります。

  • 記事を任せる外注
  • ブログの運営自体を任せる外注

まず、記事を任せるタイプの外注化はブログのテーマやプラグイン、ブログ全体の構成などは基本的な管理は自分自身で行い、記事書きの一部や全部をライターに任せる外注スタイルです。

一方でブログの運営自体を任せるタイプの外注化はブログ自体は自身のものですが、テーマやプラグインや構成などもブログ運営のプロに任せ、保守運用自体も任せる外注スタイルです。

ただ、一般的なブログの外注化は記事を任せるタイプの外注化で本記事でもブログ記事を外注化するスタイルの外注化のやり方やメリット、デメリットを主に解説していきます。

しおん
しおん

ブログの外注化のやり方は?

以下、ブログの外注化のやり方を簡単に示したものです。

マニュアルを作る

いちいち説明をする手間を省ける

ブログの外注化用の権限を作る

一般的には寄稿者の権限を渡す

ブログ記事の外注化のライターを募集

実際に記事を書いてもらう人を集めて書いてもらう

下記ではより具体的にブログ外注化のやり方を解説していきます。

マニュアルを作る

まず、初めにブログを外注化するためのやり方としてはマニュアルを作ることから始まります。

理由としては外注先のライター向けにあらかじめマニュアルを作っておくことでスムーズに記事書きや作業、してもらいたいことを伝達できるからです。

マニュアルは基本的にWordなどで文章化して作り、記事をどのように書いて欲しいのか、注意して書いて欲しいこと、重要な点、作業工程などをあらかじめ書いておきます。

こうしておけばいちいちチャットで対応する時間が省けますし、ライターの方もこのマニュアルだけを見てスムーズに作業を取り掛かることができます。

そのため、まずはWordなどでライターに書いて欲しい記事内容や注意点などを書いたマニュアルを作っておきましょう。

ブログの外注化用の権限を作る

次にブログの外注化のための手順としてはブログの外注化用の権限を作っておくことです。

理由としてはブログの外注化を行い、スムーズに記事投稿するためにはワードプレスに直接記事を入稿してもらう方が効率的に外注化できるからです。

もちろん、ライターに文章だけワードなどに書いてもらってそれを自分でワードプレスにコピーして貼り付ける方法の外注化でも良いですが、それだと結局自分の手間がかかり、外注化した意味が薄れます。

そのため、ワードプレスに直接入稿してもらう方が手間が省けます。

一方でライターにワードプレスへの直接の入稿をさせる方法としてはワードプレスのデフォルト機能のユーザー部分から新規ユーザーを選択し権限グループから投稿者もしくは寄稿者を選択してユーザー名やアドレス、パスワードを決定。

ライターへの権限は投稿者または寄稿者

そしてその投稿者や寄稿者のアドレスとパスワードをライターに伝えることでワードプレスに直接入稿が可能です。

ちなみに寄稿者と投稿者の違いは新規記事を公開できるかまでの違いで寄稿者の方が記事書きまでで公開はできない仕様です。

どちらも既存記事やプラグイン、テーマなどは操作できない権限なのでセキュリティは守りつつ、記事書きだけを外注してもらうライターさんに付与するのに適した権限だと言えるでしょう。

るな
るな

ブログ記事の外注化のライター募集

その後の手順としてはブログ記事の外注化のライターを募集、購入し、実際に記事書きをしてもらうことです。

外注化のライターを募集、購入する際はクラウドソーシングやスキルマーケットなどを利用して募集します。

おすすめとしては手数料が業界最安のBizseekココナラなどで募集するのがおすすめです。

ちなみにBizseekといったクラウドワークスタイルではブログの外注化を考えている方がライターの募集をかけることが多いです。

一方でココナラライターが記事書きの仕事を募集し、ブログの外注化を考えている人が買うスタイルが多いです。

募集する相場としてはおおよそ1文字あたり0.1円から2、3円程度の範囲が相場となっています。

募集が集まったら、希望に合う人を選定して基準に満たしたライターにワードプレスで発行した権限のメールアドレスとパスワード、マニュアルを渡し実際に書かせます。

そして問題がなければ報酬金額を支払い、その外注化した記事の公開を行うことで一連の記事の外注化が完了です。

ブログ外注化のメリット

ちなみにブログ記事の外注化のメリットとしては以下のようなものがあります。

本記事でわかること
  • 効率的な記事作成ができる
  • 自分の持っていない知識のある記事ができる
  • よりSEOに強い記事ができる可能性

効率的な記事作成ができる

まず、1つ目のブログの記事の外注化のメリットとしては効率的な記事作成ができる点があります。

理由としては記事作成を自分が行えない時も外注のライターが記事を書いておいてくれるからです。

副業でブログの運営を行っている方や複数ブログを運営している方は十分に記事作成の時間を取れず、一人だけではなかな思うように記事作成ができないこともあるかと思います。

そんな時に自分が書けない時間や手に負えない部分の記事作成がある場合外注化を行うことで一人で記事作成を行うよりもはるかに多くの記事を作成でき、効率的に記事を作ることができます。

よって効率的な記事作成ができる点がブログ記事の外注化の一つのメリットだと言えるでしょう。

自分の持っていない知識のある記事ができる

次に2つ目のブログ記事の外注化のメリットとしては自分の持っていない知識を含んだ記事ができる点があります。

理由としてはブログの記事の外注化を行うことで自分の知識の持っていない分野や専門分野の知識を有したライターに書いてもらえる可能性があるからです。

例えば、自分一人で記事を書く場合、自分の興味の薄い分野や知識を持っていない専門分野ではなかなか記事を書くことは難しいです。

しかし、外注のライターであれば自分の興味の薄い分野に詳しいライターや専門知識を持ったライターが記事を書いてくれることでより専門的な分野の記事や多角的な分野の記事の作成が可能になります。

よって自分の持っていない知識を含んだ記事を作れる点がブログの記事の外注化の一つのメリットだと言えるでしょう。

よりSEOに強い記事ができる可能性

3つ目のブログ記事の外注化のメリットとしてはよりSEOに強い記事ができる可能性がある点が挙げられます。

理由としてはライターの中にはよりSEOに詳しいライターがいる可能性があるからです。

例えば、自分自身よりもSEOに詳しく、専門知識のあるライターに記事を書いてもらうことができればよりSEOに強い記事ができる可能性が高くなり、検索でも上位に上がれる可能性が高まります。

また、SEOに強い記事が増やせることでブログ自体のドメインパワーも上がる可能性があります。

よってSEOに強い記事ができる可能性がある点でメリットだと言えるでしょう。

ブログ外注化のデメリット

一方で以下はブログ記事の外注化でのデメリットを示したものです。

ブログの外注化のデメリット
  • ブログ記事の外注化ライターの質が悪い可能性
  • 意外と記事作成にお金がかかる
  • ブログを乗っ取られる可能性

ブログ記事の外注化ライターの質が悪い可能性

まず、一つ目のブログ外注化でのデメリットとしてはブログ記事の外注化ライターの質が悪い可能性がある点が挙げられます。

理由としてはある程度質の悪いライターを事前の審査で省けたとしても完全には省けない可能性があるからです。

例えば、記事が検索してきた内容をそのままコピーしてきたものを投稿するようなライターや記事は書きつつも拙い記事で投稿してくるようなライターなど記事の質が悪いライターも少なからず存在します。

また、期日やマニュアル通りに記事を書いてくれないライターに当たる可能性もあります。

この点でブログの記事の外注化でのデメリットだと言えるでしょう。

意外と記事作成にお金がかかる

二つ目のブログの記事の外注化でのデメリットとしては意外と記事作成にお金がかかる点があります。

理由としてはあまりにも低単価だと質の悪いライターやそもそもライターが集まらない可能性があるからです。

例えば、おおよそ1文字0.5円〜2円前後がライターの募集相場ですが、一般的な記事は3000字ほどになるため、1記事1500円〜6000円になるのが普通です。

1記事ならそこまででもないかもしれませんが、外注化で10記事、20記事と外注化していくと数万円〜数十万円のお金がかかることになります。

こうなるとかなりの金銭的な負担になることは避けられません。

よって意外と記事作成にお金がかかる点がブログの記事の外注化のデメリットだと言えるでしょう。

ブログを乗っ取られる可能性

三つ目のブログの記事の外注化でのデメリットとしてはブログを乗っ取られる可能性がある点が挙げられます。

理由としてはワードプレスの付与する権限を間違える可能性があるからです。

例えば、寄稿者などの権限だと新記事の作成のみしかできないため、乗っ取られたり荒らされたりする可能性はありませんが、仮に間違えて管理者や編集者の権限を与えてしまうとテーマやプラグイン、記事削除などができてしまうため乗っ取られるリスクがあります。

仮に間違って権限を付与した相手が悪意のあるライターであればそのような行動もしかねないため、注意が必要だと言えるでしょう。

よってブログを乗っ取られる可能性がある点がブログの記事の外注化でのデメリットだと言えるでしょう。

ブログの外注化よりAIによる記事作成の方が実は得?

ブログの外注化に関して上記では解説してきましたが、現在ではブログの記事書きでは外注化だけでなく、AIによる記事の制作という方法も主流となってきています。

AIによる記事作成では現在ブログ記事作成に特に特化したAIも出てきており、外注化を使うメリットである時間の効率化を同じく満たしつつ人間が書いたような記事を書き、SEO対策も行えるAIツールも展開されています。

しかも、ブログの外注化だと10記事で数万円を超えるような金額になるのに対してAIだと10記事以上書いても数千円で抑えられ、コスト的にも優れています

そのため、近年ではブログを外注化させるよりもAI活用にシフトしつつあると言えるでしょう。

しおん
しおん

おすすめはAIブログくん

そんな近年ブログ記事の外注化よりも注目が集まっているAIでおすすめなサービスはAIブログくんです。

以下AIブログくんの特徴を示したものです。

  • キーワードを設定するだけで記事の自動作成
  • ワードプレスと連携、最短1分で簡単に使える
  • AI記事の真偽確認が可能
  • 画像の自動挿入機能あらゆるテーマに対応可能
  • 4000字〜8000字の記事を執筆
  • ChatGPTよりブログに特化して使いやすい

AIブログくんはキーワードを設定するだけでGoogle検索の分析を行い、最新情報を含めた4000字〜8000字の記事を作成、記事内への画像挿入、投稿まで一連のブログ作成工程をAIが行なってくれます。

また、AIブログくんはただ記事を作ってくれるだけでなく、SEO対策を行い、多数の記事を検索1位、2位と検索上位に挙げた実績があります。

これだけの内容になると外注化ではおおよそ1記事4000円〜8000円、10記事以上となると4万円以上かかりますが、AIブログくんの場合月15記事で4900円と破格の価格で利用が可能です。

ブログの記事の外注化を考えている方は数が多くなるほどAIブログくんに任せる方がお得になると言えるでしょう。

しおん
しおん
ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました