サイト構築
PR

ラッコキーワードの使い方や評判は?ブログをやるならラッコキーワードは必須です!

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログを始めた方でSEO対策をしている方は使いやすいキーワードツールの使用を考えている人の中でこのような疑問を抱えている方は少なくないでしょう。

そこで今回はラッコキーワードの使い方や評判などを解説していきます。

本記事でわかること
  • ラッコキーワードとは
  • ラッコキーワードの口コミや評判
  • ラッコキーワードの使い方
  • ラッコキーワードのメリットとデメリット
合わせて読みたい
ブログで何を書くのか迷っている人!これさえ知ればもう何を書くのか迷いません
ブログで何を書くのか迷っている人!これさえ知ればもう何を書くのか迷いません

ラッコキーワードとは

ラッコキーワードとは検索エンジンでキーワードを入力した時に表示される検索候補を取得できるツールです。

ラッコキーワードはラッコM&Aなどでも有名なラッコ株式会社によって運営されています。

主なサービスとしては以下のようなものがあります。

  • サジェストキーワードの取得
  • 月間検索数の取得
  • キーワードに関連した疑問や見出しのAI提案
  • 上位サイトの見出しや文字数抽出などSEO競合分析

ラッコキーワードのプランとしては主に無料プランと5つの有料プランが用意されています。

無料プラン月間検索数の取得や競合の多さが分かる競合性といった部分が分かるサジェストプラスといった機能が使えない点で有料プランとは違いがあります。

5つの有料プランでは全ての機能が使えますが回数や同時接続可能人数に違いがあり、月額440円の個人向けプランから月額9900円の企業向けプランまで用意されています。

ラッコキーワードの評判・口コミ

ラッコキーワードは多くのブログ運営者に愛用されていますがラッコキーワードの評判・口コミにおいては以下のような全体的に好評なものが多いです。

  • ブログ初心者でも使いやすい
  • 1つのツールでこれだけの機能があるのはすごい
  • 競合サイトのキーワードも分析できるのは便利
  • キーワードの難易度なども分かるからキーワードに悩まなくなった

一方でラッコキーワードに関する悪い評判や口コミなどはほぼ見当たりませんでした。

ただ悪い口コミや評判というほどではないですが、無料版ではキーワードの月間検索数などのツールを使えないことを嘆く意見はちらほら散見されました。

しおん
しおん

ラッコキーワードを実際に使った感想

ラッコキーワードを実際に使ってみた感想としては非常に使い勝手の良いツールだったと言えるでしょう。

例えば、ブログを運営する際は最初にどのキーワードを念頭に置いて書くかを決めますが、いちいちGoogleの検索を調べていては限界があります。

実際にどんなキーワードがあるのかすら思いつかない時もありますし、キーワードを見つけても全く検索されなかったというような時もザラにあります。

そこでラッコキーワードを使用することで難易度や検索ボリューム、関連キーワードなどの一括取得ができるため、キーワード選びをする時間や精度が上がりました。

実際にGoogle検索から選んでいたときはキーワード選びに2、3時間かかり、10個に1個のキーワードが当たれば良い方でしたがラッコキーワード使用後は30分前後で済み、10個中9個ほどでほぼ全てのキーワードで当たるようになりました

確実にラッコキーワードを使用することでキーワード選定の精度が上がり、PV数や収益が大きく伸びたため今までで最も使って良かったツールの1つと言って過言ではないでしょう。

ちなみに無料版と有料版を使用しましたが検索ボリュームや難易度が分かる有料版を使用してから大きくキーワードの選定の精度が上がったため、PV数や収益を大幅に伸ばしたいのであれば有料版を使うのが良いと思います。

ラッコキーワードの使い方

ラッコキーワードの使い方としては無料版であれば公式サイトにアクセスするだけで使用可能で一方で有料版の場合は以下のような手順で使用ができます。

ラッコキーワードの公式サイトにアクセス

ここまでは無料・有料版ともに同じ

新規登録をクリック

ラッコIDに登録する

ラッコキーワードのメニュー部分からプランを選択

個人だとエントリーもしくはライトプランかつ40%お得に使える年払いがおすすめ

ラッコキーワードの検索部分からキーワードを入力して使う

検索の横にあるスクロールできる部分から月間検索数など調べたい内容を指定することで調べたい内容を調べられる

ラッコキーワードの使い方は非常に簡単ですので実際にラッコキーワードにアクセスして使ってみましょう。

ラッコキーワードのメリット

ちなみにラッコキーワードのメリットとしては以下のようなものがあります。

ラッコキーワードのメリット
  • 検索ボリュームを調べられる
  • 関連キーワードの一括抽出
  • 競合分析ができる

検索ボリュームを調べられる

まず一つ目のラッコキーワードのメリットは検索ボリュームを調べられることが挙げられます。

理由としては簡単に検索キーワードの選定し、アクセス数の特定ができる点が挙げられます。

例えば、Google検索だけではキーワードは特定できたとしても検索ボリュームを特定できないないため、そのキーワードで書いても全くアクセスがなかったということが多々あります。

しかし、ラッコキーワードでは検索ボリュームが事前に分かるため、ある程度のアクセスを予測できるため、全くアクセスがなかったということを避けられます。

よって検索ボリュームを調べられる点がラッコキーワードのメリットだと言えるでしょう。

関連キーワードの一括抽出

次に二つ目のラッコキーワードのメリットは関連キーワードの一括抽出したことがあります。

理由としてはGoogle検索ではすぐに確認できないようなワードを見られるからです。

例えばGoogle検索のサジェストで調べる場合、関連キーワードは一部しか出てきませんが、ラッコキーワードの場合ワードを検索すると関連するワードが全て一覧として抽出されます。

そのため、Google検索と違いワードと関連したキーワードを見つけやすく、重宝する部分があります。

よって関連キーワードの一括抽出できる点がラッコキーワードのメリットだと言えるでしょう。

競合分析ができる

三つ目のラッコキーワードのメリットは競合分析ができる点があります。

理由としては競合が強すぎて検索の上位になかなか上がらないということが避けられるからです。

例えば、ラッコキーワードでは競合の強さや競合の数を確認することができます。

そのため、あらかじめドメインパワーの強いブログや企業サイトの数などを特定でき、上がりにくい検索ワードを避けることができます。

よって競合分析できる点でラッコキーワードのメリットだと言えるでしょう。

ラッコキーワードのデメリット

一方でラッコキーワードのデメリットとしては以下のようなものがあります。

ラッコキーワードのデメリット
  • 無料プランでは使えるツールが限られる
  • 無料プランだと調査できる回数が限られる

無料プランでは使えるツールが限られる

まず、一つ目のラッコキーワードのデメリットとしては無料プランでは使えるツールが限られる点があります。

例えば、無料プランだと月間の検索ボリュームや競合の強さを調べる機能などがありません。

そのため、ブログを運営する際に重要なキーワードの選定には無料プランではなかなかやりづらい部分があります。

よって有料プランと比べて無料プランでは使えるツールに限りがある点はラッコキーワードのデメリットだと言えるでしょう。

無料プランだと調査できる回数が限られる

もう一つのラッコキーワードのデメリットとしては無料プランだと調査できる回数が限られている点が挙げられます。

例えば、無料機能だとAIによる提案は10回、各種キーワード調査は1日に50回など有料機能だとそれぞれ、500回と1500回以上できることに比べるとかなり回数が限られます

そのため、無料機能で調査を行なっている場合すぐに回数制限の壁に当たる可能性があり、その日は調査できなくなる可能性があります。

そのため、無料プランは有料プランに比べて使いにくい部分があります。

よって無料プランだと調査できる回数が限られている点でラッコキーワードのデメリットだと言えるでしょう。

結論:ラッコキーワードの評判は良く、ブログを長くやるなら有料プランを使おう

結論としてラッコキーワードの評判・口コミはかなり良く、ブログを本格的に運営している方の多くが利用しているツールだと言えるでしょう。

むしろ、検索ボリュームや競合の調査を行える点で的確に価値あるキーワードを見つけてPV数や収益を上げるためには必須なツールだと言って過言ではないです。

また、料金プランも他の検索ボリュームや競合の難易度を調べるツールと比較して月400円前後で使えるのは破格な安さであり、使いやすい料金プランで評判が良いのも頷ける部分だと言えます。

的確なキーワードを見つけてブログのPV数や収益を大きく上げたい方はぜひラッコキーワードの有料プランを活用してみましょう。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました