サイト売買は個人でもできる?今やサイト売買は個人でも当たり前です!

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

個人でサイトの売買に興味を持っている方はこのような疑問を抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は個人でサイト売買できるのかといったことや個人でサイト売買を行うメリットやデメリットなどの疑問に答えます。

本記事でわかること
  • サイト売買は個人でもできる?
  • 個人のサイト売買の相場
  • 個人でのサイト売買のメリット・デメリット
  • 個人でサイト売買できるサービス
合わせて読みたい
サイト購入で失敗を避ける方法は?失敗しないための注意点など解説
サイト購入で失敗を避ける方法は?失敗しないための注意点など解説

サイト売買は個人でもできる?

サイト売買は個人でもできるのか。

結論から言うとサイト売買は個人でも行うことができます。

理由としてはサイトやブログ自体は個人でも簡単に作って売ることができますし、購入する場合も個人が出せる金額で売られていることが多いからです。

実際近年ではサイト売買は法人や企業同士が行うよりも個人同士で行うのが主流となってきているため、むしろサイト売買は個人がメインの取引と言っても過言ではありません

よってサイト売買は個人でも手軽に行うことが可能です。

個人のサイト売買の種類

では個人のサイト売買の方法の種類はどういったものがあるのか。

個人のサイト売買方法の種類としては以下のようなものがあります。

  • サイト売買仲介サービスでの取引
  • サイト買取サービスで買取ってもらう

サイト売買仲介サービスでの方法は売る側は売却するサイトやブログを掲載して買い手は掲載されているサイトやブログの売却相手と交渉し、取引するスタイルのサイト売買です。

このサイト売買仲介サービスでの取引は個人が売り手、買い手両方の立場から取引することができます。

一方でサイト買取サービスではブログやサイトを売却したい個人がサイト買取サービスの企業に買い取ってもらうスタイルのサイト売買です。

しおん
しおん

サイト売買で取引される個人ブログの種類

サイト売買で取引される個人ブログの種類としては以下のようなものがあります。

  • 雑記ブログ
  • 特化ブログ
  • 個人ECサイト
  • ツールなどを提供するサイト

基本的には個人におけるサイト売買では普通の雑記ブログからECサイト、ツールを提供するサイトなど様々なサイト・ブログが取引されています。

個人のサイト売買での相場

個人のサイト売買での取引相場としてはかなり幅がありますが、一般的には以下のような相場観になることが多いです。

収益の月12ヶ月〜24ヶ月分

また、収益の無いサイトでもコンテンツによっては1万円〜40万円程度で取引されることがあります。

一方で全般として個人のサイト売買で取引される金額の相場は5万円〜200万円前後が一般的な取引される相場です。

個人のサイト売買のメリット

以下では個人のサイト売買のメリットを解説していきます。

ちなみにサイト売買のメリットを購入側と売却側でそれぞれ解説していきます。

個人で購入側のサイト売買のメリット

以下は個人で購入側のサイト売買のメリットを示したものです。

  • 早く上位に上げられる可能性がある
  • 購入価格より大きく儲かる可能性
  • PV数やすでに収益のあるサイトを買える

特に大きなメリットとしてはやはり新規のブログやサイトを運営するよりもすでに立ち上げられて時間が経っているものを運営する方がより早く上位に記事を上げやすく収益やPV数を上げられる点があります。

通常どんなに早くても新規サイトだと3ヶ月程度記事を上位に上げ収益を上げるには時間がかかるため、素早く展開できる点は個人で購入側のサイト売買のメリットだと言えるでしょう。

個人で売却側のサイト売買のメリット

一方で以下個人で売却側のサイト売買のメリットを示したものです。

  • 大きく手元の現金が得られる
  • 現在の収益よりも大きな金額が得られる
  • サイトを続けられない人がお金を得て手仕舞いできる

特にサイトやブログの売却では収益の月12〜24ヶ月分が相場であるため、かなり大きなお金を得て売却できる可能性があります。

そのため、ただ放置してやめてしまうよりも得られる金額が大きくなる可能性が高い点でメリットだと言えるでしょう。

個人のサイト売買のデメリット

一方で以下では個人サイトの売買のデメリットを解説していきます。

ちなみにサイト売買のデメリットを購入側と売却側でそれぞれ説明していきます。

個人の購入側のサイト売買のデメリット

以下は個人で購入側のサイト売買のデメリットを示したものです。

  • 購入金額に見合わないサイトの可能性
  • 購入後収益やPV数が大きく下がる可能性
  • Googleのペナルティを受けている可能性

特に個人で購入するサイト売買の場合、見合わない価値の金額で買ってしまい結果として損をしてしまうと言ったことはよくありがちです。

また、サイトやブログの収益やPV数は変動が大きく購入後うまく対処しきれず大きくPVや収益が下がってしまったという結果にもなりがちな点がデメリットだと言えるでしょう。

個人の売却側のサイト売買のデメリット

一方で以下は個人で売却側のサイト売買のデメリットを示したものです。

  • 安値で売ってしまう可能性
  • うまくサイト移行できない可能性
  • 売れない可能性

特に個人がサイトの売却でやってしまいがちなデメリットは相場感をつかめず、安価にブログやサイトを売ってしまうことで購入側の押しで安価に売ってしまうことがあります。

また、あまりにも相場よりも高い値段をつけているブログや記事の質が低すぎるブログは売れないこともデメリットの一つだと言えるでしょう。

おすすめの個人でサイト売買ができるサービス

では個人でサイト売買をできるサービスでおすすめのサービスはどれなのか。

以下初心者の方で個人の方でも使いやすいサイト売買サービスを紹介します。

個人でもおすすめなサイト売買サービス
合わせて読みたい
サイト売買でおすすめのサービスは?正直この3社以外おすすめしません
サイト売買でおすすめのサービスは?正直この3社以外おすすめしません

ラッコM&A

まず、一つ目におすすめのサイト売買サービスはラッコM&Aです。

以下ラッコM&Aの特徴を示したものです。

  • 売却手数料無料
  • 着手金・掲載料無料
  • 無料自動契約書生成
  • サイト移行代行
  • 無料サイト売却査定

ラッコM&Aは特に売却側に優しいサービスで売却手数料や着手金・掲載料が無料であるため売却側には手数料がかからず、売却した金額がそのまま入ってくることが魅力です。

他のサイト売買サービスでは数%〜10%以上の売却手数料を取ることが多く、比較して売却側にとっては使いやすいサービスだと言えるでしょう。

また、購入側も手数料は5%(最低手数料5万5千円)であるため、他のサイト売買サービスよりも比較的安く使いやすいサービスとなっているのが特徴です。

加えて、サイト移行代行も請け負っているため、サイト売買をしたことがない方でも取引成立後完全に移行作業を任せて安心して取引ができるのが魅力です。

他のサイト売買サービスではこのようなサービスは提供していないことが多く、メリットだと言えるでしょう。

よってラッコM&Aは手数料が安く、分かりやすい上にサイト移行代行も行っているため、サイト売買初心者も安心して使用できる点がおすすめできる点です。

合わせて読みたい
ラッコM&Aの評判は?実際にサイト売却で収益2万円のサイトが70万円になった話
ラッコM&Aの評判は?実際にサイト売却で収益2万円のサイトが70万円になった話

ラッコマーケット

一方でおすすめするサイト売買サービスはラッコマーケットです。

ラッコマーケットはラッコM&Aを提供する会社が同じく運営しているサービスでややラッコM&Aとは違う特徴を持ったサイト売買サービスです。

以下がラッコマーケットの特徴です。

  • 買い手手数料無料
  • 5秒でサイト購入可能
  • 50万円以下の小型サイトが中心
  • 交渉なし

特にラッコマーケットは買い手側にとって魅力的なサイト売買サービスで購入側は手数料無料でサイトを購入することができます

しかもラッコマーケットでは交渉なしに最短5秒でサイトが購入でき、おおよそ50万円以下、数万円程度のサイトの取引が中心となっています。

そのため、サイトの購入が初めてというような方は手軽にかつ手数料無料で購入できるラッコマーケットがおすすめだと言えるでしょう。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました