サイト構築
PR

カラーミーショップの評判・口コミ、料金や手数料など解説

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ECショップの運営を考えており、カラーミーショップで始めようか迷っている方はこのような疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はカラーミーショップの特徴や評判・口コミなどに疑問に答えていきます。

本記事でわかること
  • カラーミーショップの特徴
  • カラーミーショップの口コミ・評判
  • カラーミーショップの料金、手数料
  • カラーミーショップのメリット、デメリット
合わせて読みたい
個人向けのレンタルサーバーでおすすめは?個人向けレンタルサーバーを徹底比較!
個人向けのレンタルサーバーでおすすめは?個人向けレンタルサーバーを徹底比較!

カラーミーショップの特徴

カラーミーショップは自分のECサイトを簡単に作ることができるネットショップ作成サービスです。

ECサイトでは集客機能や商品カート、決済機能、分析機能、販促機能など様々な機能が必要になりますが、カラーミーショップを利用すれば独自ECサイトに必要なこれらの機能一式をまとめて揃えることができます

加えて、デザインテンプレートも80種類以上の基本テンプレートがあり、オシャレかつカスタマイズがしやすく独自性の高いECショップを作りやすいツールが揃っています。

以下カラーミーショップのサービスの特徴を詳しくまとめています。

  • 独自ドメインの取得
  • クレカや電子決済、代金引換など各種決済機能
  • SEO対策やクーポン発行など集客機能
  • 売り上げやアクセスなどの分析機能
  • ポイントやレビュー、在庫管理など販促機能

カラーミーショップを使うだけでECショップに必要な機能が一通り全て揃うのが特徴です。

カラーミーショップの料金・手数料

カラーミーショップの料金や手数料に関しては以下のような形となっています。

特徴レギュラーラージプレミアム
月額料金月4950円月9595円月39600円
販売手数料0円0円0円
初期費用3300円3300円22000円

プランにおける主なサービスの違いとしては容量の違いやモール連携、卸販売、ECアドバイザーの有無などの違いがありますが、その他のECサイトに必須な機能においての違いはありません。

また、その他各種決済において決済手数料がかかり、どのプランでも下記のように各種決済によっての決済手数料がかかります。

ちなみにクレカのみプレミアムプランでは3.14%となります。

  • クレカ:4.0%〜
  • 後払い:4.0%〜
  • コンビニ払い:143円〜
  • 代引き決済:308円〜
  • AmazonPay:3.9%
  • 楽天Pay:月額2200円+4%
  • LINE Pay:月額2200円+3.45%
  • PayPay:月額2200円+3.45%

基本的に個人ではレギュラープラン、より大きな展開や企業の場合だとラージやプレミアムといったプランを使うことが多いです。

また、各種プランでは30日間の無料お試しもありますし、月商10万円以下の方向けにはフリープランもありますので悩んでいる方はこれらの無料サービスを使用してみましょう。

カラーミーショップの使い方

一方でカラーミーショップの使い方としては以下のような手順になります。

ちなみにプランに関しては無料お試し期間中に管理画面から設定可能です。

カラーミーショップ公式サイトにアクセス

無料お試し申し込みをクリック

各種登録

メールアドレスや事業形態の登録、URLやパスワードの決定

商品登録、ショップデザインの決定

管理画面にログインすることで販売する商品の情報や画像の登録、デザインのカスタマイズなどが可能

配送と決済登録

ショップで利用する配送方法や決済方法の登録

メール設定やテスト購入、完了

ショップから送信されるメールの内容や配信先の決定、テスト購入をして注文から配送までの流れを確認後、設定完了

カラーミーショップの評判・口コミ

ちなみにカラーミーショップの評判・口コミとしては以下のようなものが散見されました。

  • 初心者でも本格的なネットショップが作れるのが良い
  • 低価格で自分のECサイトが作れるのが驚き
  • ECサイトに必要な機能が過不足なく揃ってる
  • 海外販売できるアプリもあるから幅広い展開ができる
  • 長い運営歴と多くの利用者数で信頼でき、安心
  • 無料で使えるテンプレートが少し少ない

全般として機能や信頼性の部分などECサイトに必須な部分では良い評判・口コミがほとんどで悪い評判はほとんどありませんでした。

ただし、無料テンプレートの不満などがやや悪い評判・口コミで見られました。

カラーミーショップを実際に使った感想

カラーミーショップを実際に使ってみた感想としてはこんなに簡単にECサイトが作れるのかといった印象を持ちました。

実際にECサイトを作るには決済や販売ページを整えたりとかなり面倒くさいものをイメージしていましたが、カラーミーショップを使うとほぼ全てが1つで揃ってしまいます

そのため、ECサイトを作ったことのない初心者の方やネット系の分野が苦手な人でもあっさり作れることができると思います。

また、以前海外のECサイトの立ち上げサービスを利用したこともありますがそちらは主にサポートや説明が英語が中心で使いにくい部分がありました。

しかし、カラーミーショップは日本の会社が運営しており、サービスやサポートは全て日本語であるため、非常に使いやすかったです。

そのため、初めてだけどECサイトを作ってみたいという方や英語は苦手という方にはカラーミーショップは使いやすいサービスだと思います。

カラーミーショップのメリット

一方でカラーミーショップのメリットとしては以下のようなものがあります。

カラーミーショップのメリット
  • 手数料が低い
  • ブランディングしやすい
  • 顧客情報の管理が可能

手数料が低い

まず、1つ目のカラーミーショップのメリットとしては手数料が低い点が挙げられます。

理由としてはカラーミーショップでは販売手数料がかからないからです。

例えば、カラーミーショップでは販売手数料が0円ですが、他のネットショップ立ち上げサービスだと販売手数料が商品が売れるごとに数%かかることが多いです。

ECサイトの運営者にとって決済手数料の上に販売手数料まで取られるのは大きな痛手ですが、カラーミーショップでは0円な点は大きな魅力だと言えるでしょう。

よって手数料が低い点はカラーミーショップのメリットだと言えるでしょう。

ブランディングがしやすい

2つ目のカラーミーショップのメリットとしてはブランディングがしやすい点があります。

例えば、ネット販売を行う場合はECサイトを立ち上げる他にモール型のECサイトに出店するという方法があります。

いわゆるAmazonや楽天などに出店する方法です。

この方法では確かに集客はしやすいですが、自分の商品のブランディングがしにくいのがデメリットです。

しかし、カラーミーショップを利用したECサイトの立ち上げによる販売なら独自のECサイトにより独自のクーポンやポイントでブランディングしやすくなり、顧客をより囲い込みやすくなるメリットがあります。

よってブランディングしやすい点でカラーミーショップのメリットだと言えるでしょう。

顧客情報の管理が可能

3つ目のカラーミーショップのメリットとしては顧客情報の管理が可能な点が挙げられます。

例えば、モール型のサービスに出店して商品を提供した場合、顧客情報はモール側が管理しており、ショップ側は顧客の詳細な情報を見ることができません。

一方でECサイトを独自に運営した場合は顧客の履歴や名前、住所、性別、電話番号などの情報が収集することができ、より顧客に見合ったサービスを提供するマーケティングに活かしやすくすることができます

よって顧客との交流やリピート率の向上に繋げられる顧客情報管理が可能な点は重要なメリットになります。

そのため、顧客情報の管理が可能な点はカラーミーショップのメリットだと言えます。

カラーミーショップのデメリット

他方で以下はカラーミーショップのデメリットを示したものです。

カラーミーショップのデメリット
  • なかなか集客できず売れない可能性がある
  • 運営の手間がかかる

なかなか集客できず売れない可能性がある

まず、一つ目のカラーミーショップのデメリットとしてはなかなか集客できずに売れない可能性がある点があります。

例えば、モール型のECサイトに出店した場合そのモール型のECサイトの知名度によりある程度何もしなくても集客ができます。

しかし、独自のECサイトではまずアクセスしたもらうための集客が必要でSEO対策を行ったり、SNSでの宣伝、広告による宣伝などが必要となってきます。

そのためこういった積極的な集客を行わなければ集客できずに売れない可能性があります。

よってなかなか集客できずに売れない可能性がある点でデメリットだと言えるでしょう。

運営の手間がかかる

もう一つのカラーミーショップのデメリットとしては運営の手間がかかる点があります。

例えば、モール型のECサイトへの出店形式であれば配送や顧客情報の管理、デザインを整えたりといったことはモール型のECサイトが全て行ってくれることがほとんどです。

しかし、独自のECサイトで行う場合は配送や顧客情報の管理、デザインを整えることなどは全て自分で行わなければなりません

そのため、モール型のECサイトと比べると運営に手間がかかる可能性が高いです。

よって運営の手間がかかる点でデメリットだと言えるでしょう。

迷っているならまずカラーミーショップの無料お試しを活用しよう

結論としてはAmazonや楽天に出店するだけじゃなくて自分でもECサイトを持ってみたいという方や自分の商品のブランド力を高めたいという方にはカラーミーショップを活用するのがおすすめです。

ECサイトを独自で一から立ち上げるのは難しい印象がありますが、カラーミーショップを活用すればIT知識に乏しくても、プログラミングなどが一切わからなくても瞬時に立ち上げが可能なため非常に便利なサービスです。

まだ本格的に活用するか迷っているというような方はどれくらい使い勝手が良いのか、どのように使えるのかなどが分かるため、まずは無料お試しを活用してみると良いでしょう。

しおん
しおん
ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました