サイト構築
PR

Catchyの使い方や評判・口コミは?料金や実際に使ってみた感想など解説

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログやSNSなどを運営している方はAIなどのツールでの効率化を考える中でこのような疑問を抱えている方は少なくないのではないでしょうか。

そこで今回はCatchyの使い方や評判・口コミ、料金などの疑問について解説していきます。

本記事でわかること
  • Catchyとは?
  • Catchyの料金
  • Catchyの評判・口コミ
  • Catchyのメリット・デメリット
合わせて読みたい
今やAIでブログ記事を書くのは当たり前?ブログ記事作成におすすめなAIツールなど解説
今やAIでブログ記事を書くのは当たり前?ブログ記事作成におすすめなAIツールなど解説

Catchyとは?

CatchyはAIが文章を自動生成する国内最大級のAIライティングアシスタントツールです。

AIにはOpenAIが開発してChatGPTを搭載したAIシステムを使用しています。

記事作成以外にも様々な用途で使用でき、100種類以上の機能を備えています。

具体的には以下のような機能を備えています。

  • 記事作成
  • 広告用のキャッチコピー
  • AI画像作成
  • YouTube企画作成
  • 新規事業アイディア
  • LINEの返信
  • 会社名アイディア

ブログやYouTube、仕事の業務、画像作成など様々な用途で使用できる機能が揃っているのが特徴です。

Catchyの料金

以下は、Catchyの料金プランを示したものです。

特徴FreeStarterPro
料金0円月3000円〜月9800円
クレジット付与毎月10毎月100〜無制限
プロジェクト数1つ無制限無制限
ツール範囲全て可能全て可能全て可能

基本的にどのプランでも機能に差はなく、クレジットの付与数が料金によって変わります。

Starterプランに関してはクレジット付与数を使いたい分だけ増加させることができ、200クレジットなら5700円、300クレジットなら8100円になります。

また、企業向けのエンタープライズプランは主にお問い合わせによってのプランになzっています。

Catchyの使い方

ちなみに以下はCatchyの使い方の手順を示したものです。

Catchyのホームページにアクセス

無料で開始をクリックしてメールなどを登録

登録完了後ダッシュボードで操作

真ん中のバナーにあるパーフェクトブックでCatchyの使い方の詳細を閲覧

画面左にあるカテゴリー一覧から機能を選択

例えば記事作成なら記事制作部分を選択

画面右にあるステップに従って操作、作成

記事であればタイトル、導入文、見出しなどをステップ毎に作成

アレンジ、完了

AIが生成した文章を点検、アレンジして完了

Catchyの評判・口コミ

Catchyの評判・口コミとしては以下のような評判が散見されました。

  • 数十秒でできるから素早くできるのが良い
  • できた文章は違和感少なめ
  • 日本語対応完璧なのが嬉しい
  • スマホからでもアクセスできるから使いやすい
  • 作業効率が大幅にアップした
  • 文章の要約、リライトで文章の質が上がる
  • 無料で使えるのが嬉しい

全体としてCatchyの評判・口コミとしては良い評判・口コミが目立ち、悪い評判・口コミはほとんどありませんでした。

Catchyを実際に使ってみた感想

Catchyを実際に使ってみた感想としてはとにかく無料で毎月使えるのが嬉しいといったところです。

Catchyでは無料でも毎月10クレジット、つまり10回分は使うことができますがしかも100種類制限なく全機能を使うことができます。

他のAIツールの無料版だと大抵の場合、一部機能に制限されていますが、Catchyではそのようなことはありません。

そのため、有料版と同じように機能を使うことができるのが非常に便利で制限されているのは回数のみな点が使いやすい部分でした。

また、機能としても文章作成の他にYouTubeなどの構成を作成する企画の立案などの構成するための補助剤的な役割としても使える点が非常に便利な点だったと思います。

Catchyのメリット

ちなみに以下はCatchyのメリットを示したものです。

Catchyのメリット
  • 文章作成の効率化ができる
  • AI画像生成ができる
  • 100種類以上の生成ツールがある
  • 料金プランが柔軟

文章作成の効率化ができる

まず、1つ目のCatchyのメリットとしては文章作成の効率化ができる点があります。

例えば、Catchyでは記事作成やメール、広告文、SNS投稿文などの文章を作成でき、数十秒で作成することができます。

そのため、人間が文章を書くよりも圧倒的な速さで文章を生成できるため、大幅な時間の効率化を行うことができます。

これにより、膨大な文章などを書かなければならない人たちにとっては生産性の促進ができるツールだと言えます。

よって文章作成の効率化ができる点でCatchyのメリットだと言えるでしょう。

AI画像生成ができる

2つ目のCatchyのメリットとしてはAI画像生成ができる点が挙げられます。

例えば、記事作成や広告文、SNSなどではちょっとした画像やイラストが必要な時や欲しい時が多々あります。

しかし、事業や副業などで使う際画像の購入やイラストを依頼すると多額の費用がかかってしまいますが、Catchyであれば簡単にキャラクターや風景、動物などのイラストを生成したり、ロゴやアイコン、写真風の画像なども生成可能です。

そのため、画像購入やイラスト作成依頼よりも手軽かつ低コストで画像生成ができる点で利便性や料金の面でお得です。

よってAI画像生成ができる点でCatchyのメリットだと言えるでしょう。

100種類以上の生成ツールがある

3つ目のCatchyのメリットとしては100種類以上の生成ツールがある点が挙げられます。

例えば、Catchyでは記事作成や要約、YouTubeの構成、広告文、画像や小説の作成など様々なツールを使用することができます。

また、用途毎に選択できるため、ただChatGPTで生成するよりも圧倒的に使いやすく、狙った通りの作業をさせやすい部分があります。

そのため、多種多様な用途に効率的に使うことができます。

よって100種類以上の生成ツールがある点でCatchyのメリットだと言えるでしょう。

料金プランが柔軟

4つ目のCatchyのメリットとしては料金プランの柔軟な点が挙げられます。

例えば、Catchyには無料プランと無制限プランで月9800円のProプラン以外にも柔軟に利用頻度に応じて料金を変動できるStarterプランがあります。

具体的にはStarterプランでは100クレジットで月3300円、200クレジットで月5700円、300クレジットで月8100円と非常に柔軟に使用用途によって変更することができます

そのため、多く料金を払ってお金を無駄にしてしまったというような避けることができると言えるでしょう。

よって料金プランが柔軟な点でCatchyのメリットだと言えるでしょう。

Catchyのデメリット

一方で以下はCatchyのデメリットを示したものです。

Catchyのデメリット
  • 企業向け及びPro料金以外は回数制限有り
  • 無料プランは毎月10回まで

企業向け及びPro料金以外は回数制限有り

まず、一つ目のCatchyのデメリットとしては企業向け及びPro料金以外は回数制限有りな点があります。

例えば、企業向けプランと固定金額で一番金額の高いProプランは使用回数は無制限ですが、その他のStarterプランは料金により100〜300クレジットと回数制限があります。

また、無料プランにも毎月10クレジットという回数制限が存在します。

そのため、無料プランや一部の通料プランでも回数制限があり、一部のプランでは回数制限を超えると次の月まで使えなくなってしまいます

よって企業向け及びPro料金以外は回数制限ありな点でCatchyのデメリットだと言えるでしょう。

無料プランは毎月10回まで

もう一方のCatchyのデメリットとしては無料プランは毎月10回までという点が挙げられます。

当然と言えば当然なのですが、無料プランに関しては使える回数が有料プランと比較して極端に少なくなっています。

そのため、無料プランの回数だと1記事や1つの構成に使用してしまうとその月は使い切ってしまう可能性が高く、多く無料で使用したい人にとっては不便な部分があると言えるでしょう。

よって無料プランは毎月10回までという点はCatchyのデメリットだと言えるでしょう。

自分のブログや業務に合うかまずはCatchyの無料プランで辞めしてみるのがおすすめ

結論として自分の業務やブログ、SNS投稿などを効率化して生産性を上げたいという方はまずはCatchyの無料プランから始めてみると良いでしょう。

Catchyの評判・口コミなどは概ね良い評価が多く、実際に効率化が見込める可能性は高いですが、本当に自分自身の業務や副業などにマッチするかどうかは実際に使ってみないとわかりません。

しかし、Catchyでは毎月10クレジットであれば無料で使える上に有料プランと基本的に機能は同じように使うことができます。

そのため、無料で使用することで本当に自分の業務や副業などの効率化にCatchyが合うのか見極めることが可能です。

よってまずは無料版のCatchyを使い、実際に効率化を実感できたら回数を増やすために有料プランに移行するといった使い方がおすすめです。

しおん
しおん
ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました