サイト構築
PR

Transcope(トランスコープ)の評判・口コミは?料金や使い方など解説

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログや事業での文章作成の効率化を図るためにAIツールを取り入れることを考えている方の中にはAIツールのTranscope(トランスコープ)についてこのような疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はTranscope(トランスコープ)の評判・口コミ、使い方、料金などについての疑問に答えていきます。

本記事でわかること
  • Transcope(トランスコープ)とは?
  • Transcope(トランスコープ)の料金・使い方
  • Transcope(トランスコープ)の評判・口コミ
  • Transcope(トランスコープ)のメリットやデメリット
合わせて読みたい
今やAIでブログ記事を書くのは当たり前?ブログ記事作成におすすめなAIツールなど解説
今やAIでブログ記事を書くのは当たり前?ブログ記事作成におすすめなAIツールなど解説

Transcope(トランスコープ)とは?

Transcope(トランスコープ)SEOに強い文章を作成することができるAIライティングツールです。

主なAIとしてはChatGPTを開発したOpenAI社の最新APIのGPT-4を搭載しており、ChatGPTよりも日本語かつ文章作成に適したAIツールとなっています。

また、ブログ向けのSEO記事だけでなく、会社における社内情報を学習させて、企画書やメールなどの社内文章のライティングツールとしても利用可能です。

以下より詳しいTranscope(トランスコープ)の機能をまとめています。

  • SEOに強い文章の作成
  • 既存文章の要約、リライト
  • 画像ファイルから文章作成
  • キーワード分析や月間検索数の確認が可能
  • 記事に最適な画像生成
  • 社内文章作成の効率化
  • 機密情報への漏洩対策

ブログであればSEO対策を行い、記事のタイトルから本文、関連画像まで上位に上げやすい全体的な記事作成の効率化を図れますし、社内文章ライティングであれば社内の重要情報を守りつつ効率的な社内文章作成を行うことができるのが特徴です。

Transcope(トランスコープ)の料金

ちなみにTranscope(トランスコープ)の料金としては以下のような形となっています。

特徴FreeBasicProEnterprise
料金0円月1万1000円月3万8500円月6万6000円
文字生成4千字月5万字月25万字月60万字
機能機能制限あり全機能可能全機能可能全機能可能
検索順位調査3ワード10ワード100ワード1000ワード
情報学習1万字1万字1万字1万字

ちなみに副業や個人事業としてブログを運営している場合はBasicやProプランの料金、企業で使用する場合はEnterpriseを選択することが多いです。

一方でFreeプランは4000字までのため、自分のブログや企業に合うのか確認的な意味合いで使うと良さそうです。

また、有料版の最低利用期間は1ヶ月となっています。

Transcope(トランスコープ)の使い方

以下はTranscope(トランスコープ)の使い方の手順を示したものです。

Transcope(トランスコープ)にアクセス

今すぐ無料で始めるをクリック

登録、ログイン

メールアドレスなどを登録して管理画面にログイン、有料版を利用の場合管理画面で切り替え

管理画面の左側のメニューをクリック

コンテンツ生成やドキュメント作成、検索順位チェックなど各種機能を選択

各種機能画面で情報を入力

必要な情報を入力してコンテンツ生成やドキュメント作成などをクリック

確認、修正、完了

AIで生成した文章や画像を確認し、必要に応じて修正や保存を行う

Transcope(トランスコープ)の評判・口コミ

ちなみに以下はTranscope(トランスコープ)の評判・口コミを示したものです。

  • 文章作成の精度が高い
  • ChatGPTより圧倒的に使いやすい
  • 文章作成の時短ができる
  • 競合分析をしてSEO対策をしてくれた分を作ってくれるのが良い
  • 月間検索数の確認が地味に便利
  • 生成を止められない
  • 料金が高め

Transcope(トランスコープ)の評判・口コミとしては概ね良い評判が目立ち、特に機能などの面では良い評判・口コミがほとんどでした。

一方で悪い評判・口コミはほとんど散見されませんでしたが一部料金が高いなどの口コミが散見されました。

Transcope(トランスコープ)を実際に使ってみた感想

Transcope(トランスコープ)を実際に使ってみた感想としては評判・口コミ通りブログ記事を書くためのAIとしてはかなり精度が高く、SEO対策に必要なツールが詰まっているAIツールだと感じました

例えば、Transcope(トランスコープ)ではただキーワードの指示通りの文章を生成するだけでなく、Googleで上位表示されている競合サイトを分析して重要ワードや見出しなどを網羅的に盛り込んでSEOに強い記事を作ってくれます

一方でChatGPTではキーワードを打っただけではここまでしてくれませんし、そもそもChatgptでは上位の記事のワードを取ってくるような仕様になっていないため、ここまでSEOに特化した記事を作ることはできません。

この点でTranscope(トランスコープ)では簡単な指示でSEOに強い文章を作ってくれるのが便利なところでした。

また、月間検索数の確認や最適な画像を生成するなどSEO対策に特化した記事を作るためにまさに必要というようなツールがTranscope(トランスコープ)のみで揃っているのが使いやすい部分だったと言えるでしょう。

Transcope(トランスコープ)のメリット

以下はTranscope(トランスコープ)のメリットを示したものです。

Transcope(トランスコープ)のメリット
  • SEOに強い記事作成をできる
  • 画像や音声からも文章生成できる
  • 自動文章公正機能
  • ファクトチェック機能がある

SEOに強い記事作成をできる

まず、1つ目のTranscope(トランスコープ)のメリットとしてはSEOに強い記事を作成できる点があります。

例えば、Transcope(トランスコープ)はただ文章を生成するのではなく、Googleの上位の競合記事から重要なキーワードや見出しなどを抽出し、網羅的に使用してくれるため、SEOに強い記事を作成してくれます。

しかも、Transcope(トランスコープ)で作成した記事は複数回のGoogleアップデートでも乗り越えている実績があります。

よって長期に渡ってSEOに強い記事作成ができる点でTranscope(トランスコープ)のメリットだと言えるでしょう。

画像や音声からも文章生成できる

2つ目のTranscope(トランスコープ)のメリットとしては画像や音声からも文章を生成できる点があります。

例えば、Transcope(トランスコープ)では画像ファイルをアップロードして画像に書かれている情報を読み取ってコンテンツ生成したり、文字情報が書かれていない画像でも属性を推測してキーワードを抽出することができます。

また、音声ファイルや録音した音声、YouTube動画も文字起こしすることができ、画像と音声両方から文章化させることができ、非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。

よって画像や音声からも文章生成できる点でTranscope(トランスコープ)のメリットだと言えるでしょう。

自動文章公正機能

3つ目のTranscope(トランスコープ)のメリットとしては自動文章公正機能がある点があります。

例えば、Transcope(トランスコープ)によって生成された文章に加筆などを行った場合、手入力を行った文章を解析することで誤字脱字などを検出することによって自動公正を行ってくれます。

そのため、AI記事に関しては部分的に加筆を行うことが多いですがその時に変な言い回しや間違ってしまっていないかなどを自動的に分析、修正できる点で便利な部分があります。

よって自動文章公正機能がある点はTranscope(トランスコープ)のメリットだと言えるでしょう。

ファクトチェック機能がある

4つ目のTranscope(トランスコープ)のメリットとしてはファクトチェック機能がある点があります。

例えば、Transcope(トランスコープ)にはコピーコンテンツチェック機能や薬機法チェック機能、ファクトチェック機能が揃っています。

そのため、文章に誤りがないか、著作権の侵害や薬機法違反になっていないかなど文章の品質を簡単にチェックでき、便利な部分があります。

よってファクトチェック機能がある点はTranscope(トランスコープ)のメリットだと言えるでしょう。

Transcope(トランスコープ)のデメリット

他方で以下はTranscope(トランスコープ)のデメリットを示したものです。

Transcope(トランスコープ)のデメリット
  • 無料プランは機能制限あり
  • 小規模なブロガーにはやや料金が高め

無料プランは機能制限あり

まず、1つ目のTranscope(トランスコープ)のデメリットとしては無料プランには機能制限がある点が挙げられます。

例えば、無料プランでは4000字までしか文章を生成できない上にGoogle検索に基づいた文章生成やコピペチェック、画像生成機能などが使用することができません。

そのため、完全な有料プランの内容を無料プランでは確認できない点で不便な部分があります。

よって無料プランには機能制限がある点でTranscope(トランスコープ)のデメリットだと言えるでしょう。

小規模なブロガーにはやや料金が高め

もう一方のTranscope(トランスコープ)のデメリットとしては小規模なブロガーにはやや料金が高めな点があります。

例えば一番安価なBasicプランでも月1万1000円、そして次に高いProプランでは月3万8500円にもなります

そのため、1つしかブログを運営していないブロガーや依然としてそこまで大きな収益を生み出せていないブロガーにとっては大きな出費となる可能性が高いです。

よって小規模なブロガーにはやや料金が高めな点はTranscope(トランスコープ)のデメリットだと言えるでしょう。

Transcope(トランスコープ)は中規模以上のブロガーや事業者におすすめ

結論としてTranscope(トランスコープ)は中規模以上のブロガーや事業者、企業におすすめなAIライティングツールだと言えるでしょう。

理由としては有料プランは最低でも月1万円以上と高めですが、SEOに基づいたAIライティングができるのはもちろんファクトチェック機能なども充実しているからです。

特にPV数を大きく抱えるブログを運営しているブロガーや事業者としてブログを運営している方はAIライティングでは効率化に加えて正確性が小規模な個人ブロガーよりも求められてきます。

そこでTranscopeはSEOに基づいたライティングだけでなく、著作権や薬機法に違反した記事がないか確認できるツールも備わっているため、1つのツールだけでAIライティングに加え正確さを確認できるツールとしても機能します。

また、事業者や企業では企業秘密を守りながらAIに社内情報を学習させて企画書やメールなどの社内文章の効率化を図ることができます

そのため、中規模以上のブロガーや特に事業者などにとってはTranscope(トランスコープ)1つでSEOライティングに加えて多数のタスクや業務を効率化できる点で価格にも見合ったものとなっているのではないかと思います。

しおん
しおん
ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました