サイト構築
PR

ラクリンとは?AIツールのラクリンの評判・口コミや料金など解説

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログやサイトを運営している方の中にはAIツールによっての自動化を考えている方も少なくないかと思います。

その中で今回はAIライティングツールのラクリンの評判・口コミ、料金などの疑問に答えていきます。

本記事でわかること
  • ラクリンとは?
  • ラクリンの口コミ・評判
  • ラクリンの料金や使い方
  • ラクリンのメリット・デメリット
合わせて読みたい
今やAIでブログ記事を書くのは当たり前?ブログ記事作成におすすめなAIツールなど解説
今やAIでブログ記事を書くのは当たり前?ブログ記事作成におすすめなAIツールなど解説

ラクリンとは?

ラクリンブログ記事作成に特化したAIライティングツールです。

搭載しているAIはOpenAIのGPT-4で最新のAI技術を搭載しており、質の高い記事を効率的に作成することができます。

また、上位に表示したいキーワードを入力するだけでSEOに強い見出し構造や本文作成、リード文作成、まとめ文までを作成することができ、SEOに強い記事を作成することができます。

以下はより詳細なラクリンの特徴を示したものです。

  • SEOに強い記事作成
  • SEOに強い見出し構造の作成
  • リード文やまとめ文の作成
  • GPT-4を搭載
  • 事前学習でチューニングが可能
  • アカウント共有が可能
  • 完全無料プランがある

ラクリンはブログ記事作成に特化しており、完全無料プランもあるため、AIライティングツールで自動化を試してみたいというような個人ブロガーには使いやすいAIツールだと思います。

ラクリンの料金

一方でラクリンの料金プランは以下のような形となっています。

特徴フリーシルバーゴールドプラチナ
料金0円月4980円月9980円月29980円
利用可能数2万トークン20万トークン60万トークン200万トークン
作成可能記事数毎月1記事毎月10記事毎月30記事毎月100記事

トークン数に関しては一般的に日本語であれば1000トークンで約700文字、英語だと1000トークンで約3000文字が生成可能です。

ラクリンの使い方

以下はラクリンの使い方の手順を示したものです。

ラクリンの公式サイトにアクセス

会員登録をクリックして料金プランを選択

ラクリンにログインして事前学習を行う

ラクリンに登録してログイン後はまず、AIの記事作成のための本文設定やプロンプト設定を行い、事前学習させる

事前学習を設定後、本文部分で生成

事前学習を設定後はメニュー部分の本文部分やまとめ部分など出力させたい部分を選択して先ほど選択した事前学習部分を選択することで生成可能

修正、完了

後は生成された文章に誤りなどがないかを点検、修正すれば完了

ラクリンの評判・口コミ

ちなみにラクリンの評判・口コミとしては以下のような評判が散見されました。

  • ラクリンだと無料で使えるのが良い
  • お試しじゃなくて無料プランがあるのが良い
  • SEOに強い記事が作れるのが良い
  • キーワード提案などしてくれるのが便利
  • ブログ記事の効率化ができた
  • SNSなどには使いにくい

ラクリンの評判・口コミとしては無料で使えるのが嬉しいなど良い評判・口コミが全般的に多く見受けられました。

一方でラクリンの悪い評判・口コミはどとんどみられませんでしたが、ブログに特化しているため、SNSなどには使いにくいという評価が見受けられました。

ラクリンを実際に使ってみたレビュー

ラクリンを実際に使ってみた感想としてはとにかく無料でブログにAIライティングツールを使ってみたいというような人には非常におすすめなサービスだと思いました。

実際にAIライティングツールでは無料で使ってみること自体はできることが多いですが一般的にそれは有料プランのお試しということが多いです。

そのため、一定量使ってしまうとその後は無料では使えなくなるということが多いです。

一方でラクリンの場合であれば無料プランで提供されているため、毎月1記事という制限はありますが、継続的に無料で使用していくことが可能です。

また、他のAIツールのように無料プランだから有料プランより精度が低いといったこともありません。

そのため、無料で試しにAIライティングツールを使っていきたいような方にはラクリンはおすすめのAIライティングツールだと言えるでしょう。

ラクリンのメリット

以下はラクリンのメリットを示したものです。

ラクリンのメリット
  • 無料で使える
  • SEOに強い階層構造と記事作りができる
  • キーワード提案機能がある
  • 初心者でも使いやすい

無料で使える

まず、1つ目のラクリンのメリットとしては無料で使える点があります。

例えば、ラクリンでは無料でも毎月1記事であればブログ記事の作成を行うことができます。

しかも、他のAIツールでありがちな無料プランだから有料プランよりも性能が劣っているなどといったこともありません

加えて、無料お試しプランという訳でも無いため、途中で無料プランが終了するということもありません。

そのため、毎月1記事のみですが自由に無料プランを使い続けられる点で便利だと言えます。

よって無料で使える点でラクリンのメリットだと言えるでしょう。

SEOに強い階層構造と記事作りができる

次に、2つ目のラクリンのメリットとしてはSEOに強い階層構造と記事作りができる点があります。

例えば、ブログ記事を作成して検索の上位に表示するためにはタイトルやタイトルの階層構造がSEOに適した構成となっている必要があります。

ラクリンではそのようなSEOに強い階層構造を上位に表示したいキーワードを入力するだけで作成してくれる上に記事本文もそのSEOに強い階層構造に基づいて作成してくれます。

そのため、ラクリンを使用することでSEOに強い記事が効率的に作ることができ便利だと言えるでしょう。

よってSEOに強い階層構造と記事作りができる点でラクリンのメリットだと言えるでしょう。

キーワード提案機能がある

3つ目のラクリンのメリットとしてはキーワード提案機能がある点が挙げられます。

例えばラクリンではキーワード提案して欲しいジャンルを入力することで周辺キーワードや潜在ニーズなどを特定することができます。

そのため、記事執筆では必須なキーワード選定が効率的に行うことができ、キーワード選定で悩まなくて良いのが便利だと言えます。

よってキーワード提案機能がある点はラクリンのメリットだと言えるでしょう。

初心者でも使いやすい

4つ目のラクリンのメリットとしては初心者でも使いやすい点があります。

例えば、通常のChatGPTのようなAIだとSEOに強い文章を生成するためには非常に細かなプロンプトを設定する必要があります。

そのため、SEO対策を施した記事を初心者の方がAIで生成するのはかなり難しい部分があります。

一方でラクリンでは上位に表示したいキーワードを設定するだけでSEO対策を行った記事を表示できるため、初心者でも簡単にAIを使うことができます。

よって初心者でも使いやすい点でラクリンのメリットだと言えるでしょう。

ラクリンのデメリット

一方で以下はラクリンのデメリットを示したものです。

ラクリンのデメリット
  • トークンは翌月に持ち越せない
  • 無料プランは毎月1記事のみ

トークンは翌月に持ち越せない

まず、1つ目のラクリンのデメリットとしてはトークンは翌月に持ち越せない点があります。

例えば、ラクリンにはプランごとに付与されるトークンがありますが、使いきれなくても持ち越すことができません。

実際に1万トークンが付与された場合、その月2000トークン残ったとしても翌月に持ち越して使うことができません。

そのため、翌月貯めて使うということができない点で不便だと言えるでしょう。

よってトークンは翌月に持ち越せない点でラクリンのデメリットだと言えるでしょう。

無料プランは毎月1記事のみ

もう一方のラクリンのデメリットとしては無料プランは毎月1記事のみという点があります。

例えば、有料プランであれば少なくとも10記事は生成できるため、記事の量産が可能です。

しかし、無料プランでは毎月1記事しか生成できないため、たくさんの記事を作り量産化して自動化したいというような使い方は無料プランではできません

そのため、自由に無料プランで記事を作りたいといったような方には不便な部分があります。

よって無料プランは毎月1記事のみという点でラクリンのデメリットだと言えるでしょう。

ラクリンは無料でAIブログ記事作成をしてみたい人におすすめ

結論としてラクリンは無料でAIブログ記事作成をしてみたい人におすすめだと言えるでしょう。

確かにラクリンの無料プランは毎月1記事しか作ることができません。

しかし、他のAIツールだと無料で使えても有料プランよりも性能が落ちていたり、利用期間が決まっていたりします。

そのため、期間の限定や性能の低下が無く、無料で継続的に使えるようなツールはラクリン以外になかなかありません

よって有料で使うのはちょっと気が引けるけど試しに無料でブログ記事の効率化を行いたいといった方にはラクリンはおすすめのAIツールだと言えるでしょう。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました