サイト構築
PR

シンレンタルサーバーとConoHa Wingを徹底比較!

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

どちらも近年サービスが開始され始めたレンタルサーバーで比較的新しいレンタルサーバーです。

そのため、比べられることも多いですが新しい分、性能や新技術も積極的に取り入れている部分があります。

そこで今回はシンレンタルサーバーとConoHa Wingを徹底比較していきます。

ちなみにより詳細なシンレンタルサーバーの料金や性能、プランなどは以下で詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。

詳細はこちら
シンレンタルサーバーの評判・口コミや料金、デメリット・メリットなど解説
シンレンタルサーバーの評判・口コミや料金、デメリット・メリットなど解説

一方でConoHa Wingのより詳細な料金や性能、プランなどは以下で詳しく解説していますのでこちらでご覧ください。

詳細はこちら
ConoHa WING(コノハウィング)の評判・口コミは?料金やデメリット・メリットなど解説
ConoHa WING(コノハウィング)の評判・口コミは?料金やデメリット・メリットなど解説
本記事でわかること
  • シンレンタルサーバーとConoHa Wingの比較表
  • ConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強み
  • シンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強み
  • コスパならシンレンタルサーバー、事業者が安く使うならConoHa Wingがおすすめ

シンレンタルサーバーとConoHa Wingの比較表

以下はシンレンタルサーバーとConoHa Wingの比較表を示したものです。

ちなみに両者ともに一番下のプランで12ヶ月の料金プランで比較しています。

また、割引料金ではなく通常料金で比較しています。

特徴シンレンタルサーバーConoHa Wing
料金(12ヶ月)月880円月1452円
vCPU6コア6コア
メモリ8GB8GB
容量300GB300GB
永久無料独自ドメイン

全体的な数値の性能は同じですが、シンレンタルサーバーの方が料金が安いことや永久無料独自ドメイン特典がシンレンタルサーバーは1個なのに対してConoHa Wingは2個あるなどといった違いがあります。

ConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強み

以下はConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強みを示したものです。

ConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強み
  • ConoHa Wingと比較してシンレンタルサーバーはコスパが良い
  • ConoHa Wingと比較してシンレンタルサーバーはより高速なデータ転送が可能
  • エックスサーバーを土台に持つ

ConoHa Wingと比較してシンレンタルサーバーはコスパが良い

まず、1つ目のConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強みはコスパが良い点があります。

例えば、ConoHa Wingは12ヶ月プランでは通常料金で1452円になりますが、シンレンタルサーバーの場合、12ヶ月プランで月880円と半分近い価格で利用可能です。

しかも、ConoHa Wingとシンレンタルサーバーの性能に関しては数値上ほとんど変わらない上にシンレンタルサーバーの方が新技術の導入や最新の高速化技術を取り入れるなどむしろ高速性はより高い部分があります。

そのため、性能が高い上に価格は安くコスパが良いと言えます。

よってコスパが良い点はConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強みだと言えるでしょう。

ConoHa Wingと比較してシンレンタルサーバーはより高速なデータ転送が可能

2つ目のConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強みはより高速なデータ転送が可能な点があります。

例えば、ConoHa WingはSATA SSDを使用していますがシンレンタルサーバーはNVMe SSDを利用しています。

NVMe SSDはSATA SSDよりも高速な読み書き速度を提供するため、よりWebサイトのパフォーマンスの向上が期待できます

よってより高速なデータ転送が可能な点はConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強みだと言えるでしょう。

エックスサーバーを土台に持つ信頼性

3つ目のConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強みはエックスサーバーを土台に持つ信頼性が挙げられます。

例えば、シンレンタルサーバーのサービス開始自体は2021年からと日が浅いですが、土台となっているのは20年の運用歴と国内シェアNo.1の実績を持つエックスサーバーです。

そのため、運用自体は日が浅いものの、土台となっているサービスが大規模障害を今まで一度も起こしたことがなく信頼性の高いものであるため、シンレンタルサーバーにおいても一定の信頼性が担保されていると言えます。

よってエックスサーバーを土台に持つ点はConoHa Wingと比較したシンレンタルサーバーの強みだと言えるでしょう。

シンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強み

以下はシンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強みを示したものです。

シンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強み
  • シンレンタルサーバーと比較してConoHa Wingは永久無料ドメインが多い
  • シンレンタルサーバーと比較してConoHa Wingは大規模事業者プランが安い
  • ConoHa Wingは長期割引が豊富

シンレンタルサーバーと比較してConoHa Wingは永久無料ドメインが多い

まず、1つ目のシンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強みは永久無料ドメインが多い点があります。

例えば、シンレンタルサーバーの場合、永久無料ドメイン特典は1つしかありませんが、ConoHa Wingの場合は2つ提供されています。

そのため、ConoHa Wingであれば2つのサイトはドメイン料やドメインの更新料を払わずに無料で運営することが可能です。

この点で複数サイトを運営することを考えている方にとっては大きなメリットだと思われます。

よって永久無料ドメインが多い点はシンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強みだと言えるでしょう。

シンレンタルサーバーと比較してConoHa Wingaは大規模事業者プランが安い

次に2つ目のシンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強みは大規模事業者プランが安い点があります。

例えばシンレンタルサーバーの事業者や大規模サイト向けのプランであるビジネスプランでは12ヶ月で月7120円になるのに対してConoHa Wingでは大規模サイト向けのプレミアムプランでも月5808円しかしません。

そのため、大規模サイトを運営する方にとってはConoHa Wingの方が割安で使いやすい部分があると言えます。

よって大規模事業者プランが安い点はシンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強みだと言えるでしょう。

ConoHa Wingは長期割引が豊富

3つ目のシンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強みとしては長期割引が豊富な点があります。

例えば、ConoHa WingではWingパックと呼ばれる長期プランを提供しており、長期になる程割引が大きくなるプランを提供しています。

例えば、Wingパックを最大の36ヶ月利用した場合最大53%オフなどの割引が行われています。

そのため長期契約をすればするほど割引がある点はConoHa Wingのメリットだと言えます。

よって長期割引が豊富な点はシンレンタルサーバーと比較したConoHa Wingの強みだと言えるでしょう。

コスパならシンレンタルサーバー、事業者が安く使うならConoHa Wingがおすすめ

結論としてコスパならシンレンタルサーバー、事業者や大規模サイトを安く運営するならConoHa Wingがおすすめだと言えるでしょう。

実際にシンレンタルサーバーであれば月880円でより性能の良いレンタルサーバーをコスパよく借りられますし、ConoHa Wingであれば大規模サイト向けのプランをシンレンタルサーバーよりも2割ほど安く使えます

また、信頼性や安定性を求めるならエックスサーバーを土台にしたシンレンタルサーバーの方が良いでしょうし、永久無料独自ドメインをより多く欲しい、長期割引が欲しいといった方はConoHa Wingの方が良いと言えます。

よってコスパや信頼性を求める個人ブロガーであればシンレンタルサーバー、事業者や大規模サイトを安く運営したい方や長期割引、永久無料ドメインが多く欲しいといった方はConoHa Wingがおすすめだと言えるでしょう。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました