サイト構築
PR

シンレンタルサーバーの料金プランの違いは?リザーブドプランをおすすめする理由

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログやサイトの運営を考えている方はレンタルサーバーをどれにしようか悩んでいる方も多いと思います。

そんな中でシンレンタルサーバーにしようかと考えてシンレンタルサーバーのどのプランが良いのかと決めかねている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はシンレンタルサーバーの各種プランの違いや用途別に合うおすすめのプランなどを解説していきます。

ちなみにシンレンタルサーバーに関する概要や使い方、評判・口コミなどの情報に関しては以下からご覧になれますのでそちらを参照ください。

詳細はこちら
シンレンタルサーバーの評判・口コミや料金、デメリット・メリットなど解説
シンレンタルサーバーの評判・口コミや料金、デメリット・メリットなど解説
本記事でわかること
  • シンレンタルサーバーの各種プランの比較表
  • シンレンタルサーバーの各種プランの特徴
  • シンレンタルサーバーの料金プランの違い
  • シンレンタルサーバーの各種料金プランにおすすめな人
合わせて読みたい
レンタルサーバーの料金を徹底比較!料金が安い順にランキング形式で有名8選を比較
レンタルサーバーの料金を徹底比較!料金が安い順にランキング形式で有名8選を比較

シンレンタルサーバーの各種プランの比較表

以下はシンレンタルサーバーの通常の各種プランの比較表を示したものです。

ちなみに通常料金プランで比較しています。

特徴ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
料金(12ヶ月)月880円月1780円月3560円月7120円
料金(24ヶ月)月825円月1650円月3300円月6600円
料金(36ヶ月)月770円月1540円月3080円月6160円
vCPU6コア8コア10コア12コア
メモリ8GB12GB16GB20GB
容量300GB400GB500GB600GB
永久無料ドメイン

一方で以下はvCPUやメモリのリソース保証を行うリザーブドプランを示したものです。

こちらも通常値段で示しています。

特徴ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
料金(12ヶ月)月1056円月2244円月4488円月8976円
料金(24ヶ月)月1012円月2156円月4312円月8624円
料金(36ヶ月)月968円月2068円月4136円月8272円
vCPU4コア6コア8コア10コア
メモリ4GB8GB12GB16GB
容量300GB400GB500GB600GB
永久無料ドメイン

シンレンタルサーバーの各種プランの特徴

以下はシンレンタルサーバーの各種プランの特徴を示したものです。

シンレンタルサーバーの各種プランの特徴
  • シンレンタルサーバーのベーシックプランの特徴
  • シンレンタルサーバーのスタンダードプランの特徴
  • シンレンタルサーバーのプレミアムプランの特徴
  • シンレンタルサーバーのビジネスプランの特徴
  • シンレンタルサーバーのリザーブドプランの特徴

シンレンタルサーバーのベーシックプランの特徴

シンレンタルサーバーのベーシックプランの特徴としては性能と料金のコスパの良さがあります。

例えば、ベーシックプランではvCPUは6コア、メモリは8GBと一般的な副業や趣味で使用するブログやサイトのレンタルサーバーの性能ですが、料金価格は同じ性能を提供するレンタルサーバーの中では月800円前後は安い部類に入ります。

また、独自ドメインの数やデータベース管理のMySQLは他のプランと同様に無制限に使用できるため、無制限にWordPressを導入したブログやサイトを展開できます。

よってコスパ良く趣味や副業向けブログを運営するのにちょうど良い点がシンレンタルサーバーのベーシックプランの特徴だと言えるでしょう。

シンレンタルサーバーのスタンダードプランの特徴

シンレンタルサーバーのスタンダードプランの特徴としてはベーシックプランでは性能が物足りない場合にちょうど良い部分があります。

例えば、ベーシックプランではvCPUは6コア、メモリは8GBですがスタンダードプランでは8コア、12GBで提供されています。

そのため、副業や趣味でブログやサイトを運営されている方の中でスタンダードプランではやや足りるか不安、今後少しづつ大きくしていきたいといったような使い方をしたい方には適したプランだと言えるでしょう。

よってベーシックプランでは性能が足りない場合に多めに設定しておく、あらかじめ大きいプランにしておくといった時にちょうど良いのがシンレンタルサーバーのスタンダードプランの特徴だと言えるでしょう。

シンレンタルサーバーのプレミアムプランの特徴

シンレンタルサーバーのプレミアムプランの特徴としては本格的にブログやサイトで集客や収益化を行う場合に適したプランだと言えるでしょう。

例えば、ブログやサイトで本格的に集客や収益化を行う場合、高速表示やアクセス集中時の処理などが安定することが重要となります。

その点シンレンタルサーバーのプレミアムプランではvCPUは10コア、メモリは16GBと本格的な集客や収益化を行うには十分な性能を提供しており、安心してブログやサイトでの集客や収益化が可能です。

よって本格的にブログやサイトで集客や収益をしやすい点がシンレンタルサーバーのプレミアムプランの特徴だと言えるでしょう。

シンレンタルサーバーのビジネスプランの特徴

シンレンタルサーバーのビジネスプランの特徴としては大規模サイトや企業が運営するサイトなどに適してプランだと言えます。

例えば、ビジネスプランではvCPUは12コア、メモリは20GBと他のプランと比較して高性能なプランで高速表示や大量のアクセスに対処できます。

そのため、PV数が膨大なサイトや集客が大きい企業が運営するサイトでも十分に処理が可能で対処できるプランとなっています。

よって大規模サイトや企業が運営するサイトに向いている点がシンレンタルサーバーのビジネスプランの特徴だと言えるでしょう。

シンレンタルサーバーのリザーブドプランの特徴

シンレンタルサーバーのリザーブドプランの特徴としては性能保証がされている部分があります。

リザーブドプランは各種プランで提供されていますが通常プランとの違いは通常プランが他の利用者とvCPUやメモリを共有して使用しているため他の利用者の使用状況により性能が落ちる可能性があるのに対し、リザーブドプランは前もって割り当てられています

そのため、リザーブドプランは他の利用者の利用状況からの影響を受けることなく安定してレンタルサーバーの性能を使い続けることができます

よって前もってvCPUやメモリのリソースが割り当てられて性能が保証されている部分がリザーブドプランの特徴だと言えるでしょう。

シンレンタルサーバーのプランの違い

以下はシンレンタルサーバーのプランの違いを示したものです。

シンレンタルサーバーのプランの違い
  • 料金プランによってvCPUやメモリに違いがある
  • 容量に違いがある
  • リソース保証の有無に違いがある

料金プランによってvCPUやメモリに違いがある

まず、1つ目のシンレンタルサーバーのプランの違いとしては料金プランによってvCPUやメモリに違いがある点があります。

例えば、ベーシックプランはvCPUが6コア、メモリが8GB、スタンダードはvCPUが8コア、メモリが12GB、プレミアムはvCPUが10コア、メモリが16GB、ビジネスはvCPUは12コア、メモリが20GBとなっています。

そのため、料金プランが上がるごとにvCPUやメモリの性能が上がっていきます

よって料金プランによってvCPUやメモリに違いがある点がシンレンタルサーバーのプランの違いだと言えるでしょう。

容量に違いがある

2つ目のシンレンタルサーバーのプランの違いとしては容量に違いがある点があります。

例えば、ベーシックプランは容量が300GBですがプランが上がるごとに容量が100GBずつ増加していきます。

そのため、プランが上がるごとに保存できる最大データ量が増加していきます。

よって容量に違いがある点がシンレンタルサーバーのプランの違いだと言えるでしょう。

リソース保証の有無に違いがある

3つ目のシンレンタルサーバーのプランの違いとしてはリソース保証の有無に違いがある点があります。

例えば、シンレンタルサーバーでは各種プランにおいてリザーブドプランがあり、このプランを選択することができます。

このリザーブドプランを使うことで通常プランと違ってvCPUやメモリのリソース保証ができ、より安定してレンタルサーバーを使用することができます

よってリソース保証の有無に違いがある点がシンレンタルサーバーのプランの違いだと言えるでしょう。

シンレンタルサーバーの各プランの違いに合うおすすめな人

以下はシンレンタルサーバーの各プランの違いに合うおすすめな人を示したものです。

シンレンタルサーバーの各プランの違いに合うおすすめな人
  • ベーシックやスタンダードは副業や趣味ブログにおすすめ
  • プレミアムプランは本格的な事業サイトにおすすめ
  • ビジネスプランは事業者におすすめ
  • リザーブドプランは安定的な性能が欲しい人におすすめ

ベーシックやスタンダードは副業や趣味ブログにおすすめ

シンレンタルサーバーのベーシックやスタンダードプランは副業や趣味ブログを運営しようと考えている方におすすめです。

理由としては性能に対して性能が高く、コスパが良い部分があるからです。

例えば、シンレンタルサーバーのベーシック料金プランやスタンダード料金プランはそれぞれ6コア、8GB、8コア、12GBとなっており、料金もそれぞれ月800円前後と月1600円前後です。

一方で一般的なレンタルサーバーではおおよそ同様な性能であれば、月1000円前後、月2000円前後が一般的であるためシンレンタルサーバーのプランの方がコスパが良いと言えるでしょう

よってコスパ良く副業や趣味のためのブログを運営しようと考えている方はシンレンタルサーバーのベーシックやスタンダードプランがおすすめだと言えるでしょう。

プレミアムプランは本格的な事業サイトにおすすめ

シンレンタルサーバーのプレミアムプラン料金は本格的な収益事業サイトを運営することを考えている方におすすめです。

理由としては集客や収益を念頭に置いたサイトでは高速性や表示速度の速さが重要になるからです。

例えば、本格的に広告や集客で事業としてサイトを運営する場合、サーバーの処理速度などが足りず表示速度などが遅いと収益の機会を逃しかねません。

しかし、プレミアムプランではそういった本格的な収益化でも問題のない処理性能が提供されており、適切な運用が可能です。

よって本格的な収益事業サイトを運営することを考えている方にはシンレンタルサーバーのプレミアムプランがおすすめです。

ビジネスプランは事業者におすすめ

シンレンタルサーバーのビジネスプランの料金は事業者におすすめです。

理由としてはビジネスプランは大規模サイトや大量のアクセスのある企業サイトなどを十分に処理できるような性能が提供されているからです。

例えば、ビジネスプランではベーシックプランと比較して倍の20コア、倍以上の20GBのvCPUとメモリが提供されているため、非常に大きなサイトやアクセスのあるサイトでも問題なく運営が可能です。

よって大規模サイトなどの運営を考えている事業者にはシンレンタルサーバーのビジネスプランがおすすめです。

リザーブドプランは安定的な性能が欲しい人におすすめ

シンレンタルサーバーのリザーブドプランの料金は安定的な性能が欲しい人におすすめです。

理由としてはリザーブドプランでは他の利用者によるサーバーの状況に影響されないリソースが割り当てられるため、利用状況によって性能が左右されないためです。

例えば、通常プランではvCPUやメモリなどのリソースを共有しているため他の利用者が大量のアクセスなどがあり、リソースを圧迫していると性能が落ちる場合がありますがリザーブドプランでは一定の性能は保証されています。

よって安定的な性能が欲しい人はシンレンタルサーバーのリザーブドプランがおすすめです。

初心者にはスタンダードやリザーブドプランのベーシックがおすすめ

結論として初心者にはシンレンタルサーバーのスタンダードやリザーブドプランのベーシックがおすすめです。

理由としてはスタンダードやリザーブドプランのベーシックであれば柔軟な使い方ができるからです。

例えば、初心者の方は趣味ブログか副業のブログにするか、どの程度のサイトにするかも迷っている部分もあると思いますが、スタンダードやリザーブドプランのベーシックであれば趣味でも副業でも柔軟なブログの運営が可能です。

そのため、初心者の方がシンレンタルサーバーを利用するのであれば基本的にスタンダードプラン、リソース保証で安定性も欲しいのであればリザーブドプランのベーシックがおすすめだと言えるでしょう。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました