サイト構築
PR

ConoHa Wingの料金プランの違いは?初心者にはベーシックをおすすめする理由

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログやサイトのレンタルサーバーをConoHa Wingにしようか迷っている方も少なく無いのではないでしょうか。

そんな中でConoHa Wingのプランの違いはどのようなものがあるのか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回はConoHa Wingの各種プランの違いや用途別に合うおすすめのプランなどを解説していきます。

ちなみにConoHa Wingに関する概要や使い方、評判・口コミなどの情報に関しては以下からご覧になれますのでそちらを参照ください。

詳細はこちら
ConoHa WING(コノハウィング)の評判・口コミは?料金やデメリット・メリットなど解説
ConoHa WING(コノハウィング)の評判・口コミは?料金やデメリット・メリットなど解説
本記事でわかること
  • ConoHa Wingの各種プランの比較表
  • ConoHa Wingの各種プランの特徴
  • ConoHa Wingのプランの違い
  • ConoHa Wingの各プランの違いに合うおすすめな人
合わせて読みたい
レンタルサーバーの料金を徹底比較!料金が安い順にランキング形式で有名8選を比較
レンタルサーバーの料金を徹底比較!料金が安い順にランキング形式で有名8選を比較

ConoHa Wingの各種プランの比較表

以下はConoHa Wingの各種プランの比較表を示したものです。

ちなみに以下はWINGパックでの料金比較となっています。

特徴ベーシックスタンダードプレミアム
料金(12ヶ月)月941円月2360円月4719円
料金(24ヶ月)月889円月2239円月4477円
料金(36ヶ月)月678円月2118円月4235円
vCPU6コア8コア10コア
メモリ8GB12GB16GB
容量300GB400GB500GB
永久無料ドメイン2個2個2個

一方で以下はリソース保証のあるリザーブドプランの料金比較をしたものです。

特徴リザーブド1GBリザーブド2GBリザーブド4GB
料金(12ヶ月)月1452円月3086円月6171円
料金(24ヶ月)月1392円月2965円月5929円
料金(36ヶ月)月1331円月2844円月5687円
vCPU2コア3コア4コア
メモリ1GB2GB4GB
容量300GB400GB500GB
永久無料ドメイン2個2個2個

ConoHa Wingの各種プランの特徴

以下はConoHa Wingの各種プランの特徴を示したものです。

ConoHa Wingの各種プランの特徴
  • ConoHa Wingのベーシックプランの特徴
  • ConoHa Wingのスタンダードプランの特徴
  • ConoHa Wingのプレミアムプランの特徴
  • ConoHa Wingのリザーブドプランの特徴

ConoHa Wingのベーシックプランの特徴

ConoHa Wingのベーシックプランの特徴としては性能と価格のコスパの良さが挙げられます。

例えば、一番下のレンタルサーバーのプランでvCPU6コア、メモリ8GB、容量300GBという性能は標準的な性能ですが価格は長期プランのWINGパックを利用することで月900円〜月600円前後で収まります。

一般的にこのような性能のプランでは月1000円前後が水準であるため、長期プランであるほどコスパがよくなり、個人で副業や趣味ブログとして使いやすい価格と性能のコスパだと言えます。

よって特に個人の副業や趣味ブログに性能と価格のコスパの良いのがベーシックプランの特徴だと言えるでしょう。

ConoHa Wingのスタンダードプランの特徴

ConoHa Wingのスタンダードプランの特徴としては個人が本格的に事業としてサイトを運営するのに適したプランです。

例えば、広告で本格的に事業としてサイトを運営する場合や本格的に集客を行いたいといった場合ベーシックプランではやや性能的に物足りなさや不足感が出てくる可能性があります。

そういった場合よりvCPUやメモリ、容量の性能の高いスタンダードプランを選択することで副業や趣味ブログよりも大きなアクセスや広告などで重くなりがちな表示などの高速化を維持しやすくなります

よって個人が本格的に事業としてサイトを運営するのに適しているのがスタンダードプランの特徴だと言えるでしょう。

ConoHa Wingのプレミアムプランの特徴

ConoHa Wingのプレミアムプランの特徴としては事業者や企業の運営するサイトに適したプランです。

例えば、事業者や企業が運営しているサイトの場合、膨大なアクセスや大規模なコンテンツの処理や保存、高速な表示の維持を行わなくてはなりません。

そのため、高い処理性能やデータ保存容量が必要になりますがプレミアムプランの性能であればそのような大規模サイトの処理や高速表示の維持が可能です。

よって事業者や企業の運営するサイトに適した点がプレミアムプランの特徴だと言えるでしょう。

ConoHa Wingのリザーブドプランの特徴

ConoHa Wingのリザーブドプランの特徴としてはリソースの保証がされている点が特徴的なプランです。

例えば、他のプランであればvCPUやメモリなどの性能を他の利用者と共有しているため、他の利用者がアクセス集中などで大幅に処理が必要になった場合、自分のサイトの処理性能にまで影響を受ける可能性があります。

一方でリザーブドプランではあらかじめvCPUやメモリなどのリソースが割り当てられているため、他者の利用状況に影響を受けません

よってリソース保証がなされ、安定的な運営ができる点がリザーブドプランの特徴だと言えるでしょう。

ConoHa Wingのプランの違い

以下はConoHa Wingのプランの違いを示したものです。

ConoHa Wingのプランの違い
  • 料金プランによって性能の違いがある
  • 容量の違い
  • メモリやvCPUの保証の違い

料金プランによって性能の違いがある

まず、1つ目にConoHa Wingのプランの違いとしては料金プランによって性能の違いがある点があります。

例えば、ベーシックプランではvCPUは6コア、メモリは8GBですが、スタンダードプランではvCPUは8コア、メモリは12GB、プレミアムプランではvCPUは10コア、メモリは16GBとなっています。

vCPUとメモリは処理速度や表示速度に関わる部分でその数値が上がるほど性能が向上しますが、ConoHa Wingではプランの料金が上がるにつれてその数値が上がっています

よってプラン料金が上がるにつれて性能が上がり、性能に違いがある点がConoHa Wingのプランの違いだと言えるでしょう。

容量の違い

2つ目のConoHa Wingのプランの違いとしては料金プランによって容量の違いがある点があります。

例えば、ベーシックプランでは容量は300GBですが、スタンダードプランでは400GB、プレミアムプランでは500GBとなっています。

容量の大きさはブログの文章データや画像、コンテンツの保存できる容量の大きさに直結し、数値が大きくなるほど大量のデータが保存できるようになります

よって料金プランが上がるにつれて容量の大きさの数値が大きくなっており、容量の違いがある点がConoHa Wingのプランの違いだと言えるでしょう。

メモリやvCPU性能の保証の違い

3つ目のConoHa Wingのプランの違いとしてはメモリやvCPU性能の保証の違いがあります。

例えば、通常のプランであればサーバーの性能を他の利用者とも共有しているため、他の利用者のサイトのアクセスの集中など処理が大きくなると自分のサイトの性能にも影響が及び処理性能が落ちる可能性があります。

一方でリザーブドプランではサーバーのメモリやvCPUなどの性能があらかじめ割り当てられているため、他の利用者のアクセス状況や使用状況に影響を受けることがありません

よってリザーブドプランと通常プランでメモリやvCPUのあらかじめの保証の違いがある点がConoHa Wingのプランの違いだと言えるでしょう。

ConoHa Wingの各プランの違いに合うおすすめな人

以下はConoHa Wingの各プランの違いに合うおすすめな人を示したものです。

ConoHa Wingの各プランの違いに合うおすすめな人
  • ベーシックプランは初心者におすすめ
  • スタンダードプランは本格的な収益化ブログにおすすめ
  • プレミアムプランは事業者や大規模アクセスブログにおすすめ
  • リザーブドプランは安定したパフォーマンスを重視するブログにおすすめ

ベーシックプランは初心者におすすめ

ConoHa Wingのベーシックプランは初心者におすすめなプランです。

例えば、ベーシックプランでは12か月プランでも月941円の料金から使用でき、36ヶ月プランなら月678円と非常に安い金額で利用できるものの、性能は趣味や副業としてブログにちょうど良い性能となっています。

そのため、初心者の方が趣味や副業のブログをレンタルサーバーを借りて運営するのに過不足なくちょうど良い性能とコスパの良いプランとなっています。

よってConoHa Wingのベーシックプランは初心者におすすめなプランだと言えるでしょう。

スタンダードプランは本格的な収益化ブログにおすすめ

ConoHa Wingのスタンダードプランは本格的な収益化ブログを運営する方におすすめなプランです。

例えば、ベーシックプランでは趣味やちょっとした副業程度のブログであれば性能的に十分ですが、本格的な収益化を考えるのであれば検索上位に乗り、集客するためにもより高速性や記事量が必要で性能や容量が足りない部分があります。

一方でスタンダードプランであれば本格的な収益化を行うためにも十分な表示性能やコンテンツデータの保存容量が確保できます。

よってConoHa Wingのスタンダードプランは本格的な収益化ブログを運営することを考えている方におすすめなプランだと言えるでしょう。

プレミアムプランは事業者や大規模アクセスブログにおすすめ

ConoHa Wingのプレミアムプランは事業者や大規模アクセスブログにおすすめなプランです。

例えば、事業者がサイトを展開する場合や大規模なアクセスのあるブログを運営する場合は非常に高い処理能力や同時にスムーズに高速表示をさせる処理能力が求められます。

また、万が一のためのあらかじめ余裕を持たせた処理能力や容量も必要となってきます。

その点でプレミアムプランは10コア、16GBと大規模なアクセスのあるサイトでも十分に運用ができる性能を提供しています。

よってプレミアムプランは事業者や大規模アクセスブログを運営する方にはおすすめなプランだと言えるでしょう。

リザーブドプランは安定したパフォーマンスを重視するブログにおすすめ

ConoHa Wingのリザーブドプランは安定したパフォーマンスを重視するブログの運営を考えている方におすすめなプランです。

例えば、通常プランでは他の利用者がアクセスや処理で逼迫している場合、性能を共有しているため、自身の処理性能も落ちる可能性があります。

一方でリザーブドプランではあらかじめ処理性能が割り当てられているため、性能や処理能力が落ちることがなく、安定的に運営することが可能です。

よってConoHa Wingのリザーブドプランは安定したパフォーマンスを重視するブログの運営を考えている方におすすめです。

初心者にはベーシックプランがおすすめ

結論として初心者の方にはConoHa Wingであればベーシックプランがおすすめです。

理由としては初心者の方は趣味ブログか収益化をする副業ブログにするのか決めかねている部分もあると思われるからです。

しかし、ベーシックプランであれば趣味ブログや副業ブログどちらの運営方法でも十分な性能を備えており、料金も安く個人でも使いやすいコスパになっています

そのため、初心者の方はまず、ConoHa Wingのベーシックプランから利用を初めて見るのがちょうど良いと言えるでしょう。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました