サイト構築
PR

エックスサーバーの料金が高いは嘘です!【騙されて低サーバーを使うと詰みます】

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

ブログやサイトを運営を考えている方の中にはエックスサーバーで始めようと考えているけれど「エックスサーバーは料金が高い」というようなことを聞いて悩んでいるという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回はエックスサーバーの料金が高いという噂が本当なのかといった点を解説していきます

ちなみにエックスサーバーに関する詳しいサービス概要や評判・口コミに関しては以下からご覧になれますのでそちらをご覧ください。

詳細はこちら
エックスサーバーの評判・口コミは?実際に使ってみた実体験を徹底解説!
エックスサーバーの評判・口コミは?実際に使ってみた実体験を徹底解説!
本記事でわかること
  • エックスサーバーの料金は高いのか?
  • エックスサーバーの料金が高いは嘘である理由
  • 収益化するならエックスサーバーを選択すべき理由
  • エックスサーバーの料金が妥当な理由
合わせて読みたい
レンタルサーバーの料金を徹底比較!料金が安い順にランキング形式で有名8選を比較
レンタルサーバーの料金を徹底比較!料金が安い順にランキング形式で有名8選を比較

エックスサーバーの料金は高いのか?

早速、結論から言うとエックスサーバーはオーバースペックでもありませんし、料金も特段高いわけでもありません

理由としてはエックスサーバーは国内No.1のシェアを誇るレンタルサーバーで日本のサイトの多くがエックスサーバーを利用しており、エックスサーバーが標準的な性能となっているからです。

確かに検索上位に上げる必要もなく収益化して副業として運営するわけでもない趣味ブログであればオーバースペックかもしれません。

しかし、検索上位に表示して副業としてブログを行うのであればむしろエックスサーバー程度のスペックは必須条件です。

なぜなら、サーバーのスペックは集中アクセスへの強さや表示速度に直結し、それによって検索上位に表示される可能性が変わるからです。

仮にサーバーの性能が低いと表示速度などが落ち、アクセスもされにくくなり、検索上位へも表示されにくくなって収益化への道のりも遠くなります

よって国内シェアNo.1であることからも分かる通りエックスサーバーが多くの収益化サイトで使われ性能的にも普通になっているところにわざわざ低スペックのサーバーで運営するのはわざわざ自分から収益化の難易度を上げに行っているようなものです。

そのため、収益化するための副業ブログを運営するのであれば初心者でも関わらずエックスサーバー程度の性能は必須ですし、性能的な面を考えればエックスサーバーは料金が高いわけでもなく、むしろコスパ自体は良いサーバーだと言えるでしょう。

エックスサーバーの料金は高いというよりむしろ平均

実際にエックスサーバーの料金が高いかは実際にどれくらいの料金がレンタルサーバーの平均なのかと比べてみれば分かるのではないでしょうか。

現実としてエックスサーバーの個人向けの一番下のプランのスタンダードプランは12ヶ月プランの通常料金で月1100円になります。

一方でレンタルサーバーの個人向けの12ヶ月プランの平均金額は月約1000円前後とされています。

平均金額:月約1000円前後

よってエックスサーバーの料金プランとレンタルサーバーの平均料金金額を比較すると料金は高いと言うよりもむしろ平均ラインだと言えます。

そのため、エックスサーバーの料金プランが高いと言うのは嘘だと言えるでしょう。

エックスサーバーの料金が高いかの比較

また、よりエックスサーバーの料金が本当に高いのか検証するために以下では代表的なレンタルサーバーとも比較してみます。

ちなみに全てのレンタルサーバーで月12ヶ月プラン、個人が使えるかつブログで必須なWordPressを導入できるプランの中から一番下のプランで比較しています。

また、キャンペーン価格などは省いて通常の値段で比較しています。

特徴エックスサーバーConoHa WINGロリポップミックスホスト
料金月1100円月1452円月418円月1980円
vCPU6コア6コア不明6コア
メモリ8GB8GB不明8GB
容量300GB300GB200GB無制限
転送量無制限無制限無制限無制限
永久無料ドメイン2個2個なし1個

全体として比較してみると確かにロリポップが一番値段としては安いですが、その分性能も値段分落ちているのが分かりますし、vCPUやメモリを明らかにしていない時点でその他のレンタルサーバーより性能が落ちるのは目に見えているでしょう。

そう考えるとやはり性能とコスパが良いのはエックスサーバーで性能はほぼConoHa WINGやミックスホストと変わらないにも関わらず、料金は安いという形になっています。

合わせて読みたい
ConoHa Wingとエックスサーバーを徹底比較!初心者ならエックスサーバーをおすすめする理由
ConoHa Wingとエックスサーバーを徹底比較!初心者ならエックスサーバーをおすすめする理由
合わせて読みたい
ロリポップとエックスサーバーを徹底比較!
ロリポップとエックスサーバーを徹底比較!

よってエックスサーバーの料金は他のレンタルサーバーと比べて高いとは言えないでしょう。

エックスサーバーの料金が高いは嘘である理由

では以下ではより具体的にエックスサーバーが料金が高いと誤解される理由やエックスサーバーの料金が高いのが嘘である理由を解説していきます。

エックスサーバーの料金が高いは嘘である理由
  • 間違った料金プランと比較している
  • 安いレンタルサーバーの落とし穴を加味してない
  • 通常料金より安い時がほとんどだから

間違った料金プランと比較している

まず、1つ目のエックスサーバーの料金が高いは嘘である理由は間違った料金プランと比較している点があります。

例えば、ロリポップやさくらのレンタルサーバーなど料金プランが極端に安いレンタルサーバーを引き合いに出してエックスサーバーの料金プランの高さを強調している記事などがあります。

しかし、ロリポップやさくらのレンタルサーバーの一番下のプラン例えばロリポップでは月99円から使えるエコノミー、さくらのレンタルサーバーの月128円から使えるライトプランはそもそもWordPressが使えません

つまり、ブログやサイトは基本的に運営できず、主にメールやウェブページ専用のプランでもう一つ上のプランのロリポップはライト、さくらのレンタルサーバーはスタンダードからしかWordPressを使ったブログやサイトは運営できないのです。

そのため、そもそもWordPressを利用できない間違った料金プランを引き合いに出している時点でおかしな話ですし間違ったプランとエックスサーバーの料金プランを比較するから不当に高く見えるのです。

よって間違った料金プランと比較している点でエックスサーバーの料金が高いのは嘘だと言えるでしょう。

安いレンタルサーバーの落とし穴を加味してない

次に2つ目のエックスサーバーの料金が高いは嘘である理由は安いレンタルサーバーの落とし穴を加味していない点があります。

例えば、料金の極端に安いレンタルサーバーではそもそもアクセスに必要な転送量の制限が低く、一定程度アクセスがあると速度が制限されたり、永久無料ドメインが提供されなかったりと言うことがあります。

表示速度が制限されてしまうとそもそもアクセスされにくくなったり、離脱率が上がりやすくなり検索表示の順位が下がる要因をつくることにもなりますし、永久無料ドメインが提供されなければドメインを取得したり、更新料に結局お金がかかることになります

よって安いレンタルサーバーの落とし穴を加味していない点でエックスサーバーの料金が高いのは嘘だと言えるでしょう。

通常料金より安い時がほとんどだから

最後に3つ目のエックスサーバーの料金が高いは嘘である理由は通常料金より安い時がほとんどだからです。

例えば、エックスサーバーではかなりの頻度でキャンペーンを行っており、キャンペーン期間内であれば30%オフなどのキャンペーンをしばしば行っています。

実際に通常では12ヶ月プランで月1100円の料金を月880円というようなキャンペーンを行っていたり、36ヶ月プランではより安い月693円に値下げというキャンペーンをよく行っています。

そのため、多くの場合で通常料金プランよりも安く使えることが多く、エックスサーバーの料金が高いのは嘘だと言えるでしょう。

収益化するなら料金が高いと感じてもエックスサーバーを選択すべき理由

一方で以下では収益化するなら料金が高いと感じてもエックスサーバーを選択すべき理由を解説していきます。

収益化するなら料金が高いと感じてもエックスサーバーを選択すべき理由
  • 性能が低いサーバーだと検索上位に上がりにくいから
  • 性能が高くコスパも良いから
  • エックスサーバーの性能が収益化ブログの標準だから

性能が低いサーバーだと検索上位に上がりにくいから

まず、1つ目の収益化するなら料金が高いと感じてもエックスサーバーを選択すべき理由としては性能が低いサーバーだと検索上位に上がりにくい点があります。

例えば、極端に安いレンタルサーバーだと基本的に表示速度や処理速度に関わるvCPUやメモリ、転送量などの性能が落ちます。

この性能が落ちると基本的にユーザーの利便性や満足度が下がるため、検索でもそのような動向が反映されて検索で上位に上がりにくくなります。

そうなるとアクセス数が減り、収益にもなかなか繋がらないといった致命的な問題に陥ります。

よって性能が低いサーバーだと検索上位に上がりにくい点が料金が高いと感じてもエックスサーバーを選択すべき理由だと言えるでしょう。

性能が高くコスパも良いから

次に2つ目の収益化するなら料金が高いと感じてもエックスサーバーを選択すべき理由としては性能が高くコスパも良いからです。

例えば、エックスサーバーは超高速環境の「KUSANAGI」を導入していたり、転送量の無制限の提供や高いvCPU、メモリ性能を提供しています。

また、同じような性能を提供しているレンタルサーバーはエックスサーバーよりも通常価格が高いことが多いです。

そのため、他のレンタルサーバーと比べても性能もコスパも良い点で収益化するなら料金が高いと感じてもエックスサーバーを選択すべきだと言えるでしょう。

エックスサーバーの性能が収益化ブログの標準だから

最後に3つ目の収益化するなら料金を高いと感じてもエックスサーバーを選択すべき理由としてはエックスサーバーの性能が収益化ブログの標準だからです。

例えば、エックスサーバーはレンタルサーバーの中で国内シェアNo.1を獲得しており実際に国内Webサイトの25.7%つまり4分の1がエックスサーバーを使用しています。

そのため、性能標準としてはほぼエックスサーバーの性能が標準になると言えますし、逆にエックスサーバーの性能を下回るとブログやサイトを検索上位に上げるのはそれだけ不利ということになります。

よってエックスサーバーの性能が収益化ブログの標準だと言える点で収益化するなら料金が高いと感じてもエックスサーバーを選択すべきだと言えるでしょう。

エックスサーバーの料金は高いのではなく妥当

結論としてはエックスサーバーの料金は高いのではなく妥当です。

実際にエックスサーバーの月料金は月1100円で全体的なレンタルサーバーの平均料金も月1000円程度だからです。

むしろエックスサーバーと同等の性能を他のレンタルサーバーで求めるとなるとエックスサーバーの方がコスパが良い形になります。

また、初心者には性能がオーバースペックだと言う人もいますがそもそもエックスサーバーが4分の1のシェアを占めている時点でエックスサーバーが基本的に基準の性能になりますし、逆にこれを下回れば検索的には不利に働き、収益化をするなら尚更です。

そもそも高速表示や安定的なアクセスを提供する場合、全ての容量や処理能力を使うのは避けなければならないため、余力的な処理能力や容量は必ず必要になるため、オーバースペックということにはなりえません

そのため、初心者だから低スペックなレンタルサーバーで良いというのは大きな間違いです。

よってそのようなことにならないためにも初心者の方で収益化ブログやサイトを運営したい方は性能や料金のコスパが良いエックスサーバーがおすすめです。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました