サイト構築
PR

レンタルサーバーでドメインを複数運営することはできる?複数ドメインを運営する方法を徹底解説

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

レンタルサーバーを借りてすでにブログやサイトを運営している方の中にはもう一つブログやサイトを運営したいと考えている方も少なくないでしょう。

そこでブログやサイトをもう一つ運営する時にはもう一つレンタルサーバーを借りないといけないのか、それともすでに使っているレンタルサーバーで複数のドメインを運営できるのか気になっている方も多いと思います。

よって今回は1つのレンタルサーバーで複数ドメインを運用できるのかといった疑問に答えていきます。

本記事でわかること
  • 複数ドメイン(マルチドメイン)とは?
  • 1つのレンタルサーバーで複数ドメインを運用するメリット
  • 1つのレンタルサーバーで複数ドメインを運用するデメリット
  • 複数ドメインが多くなったらサブのレンタルサーバーを用意しよう

複数ドメイン(マルチドメイン)とは?

複数ドメイン(マルチドメイン)とは1つのサーバーで複数のドメインを管理する方法です。

通常は1つのサーバーで1つのドメインしか扱えないため、複数のサーバーを用意する必要があります。

しかし、複数ドメイン(マルチドメイン)を使用することで複数のドメインを扱うことができ、レンタルサーバーサービスでもこのような複数ドメイン(マルチドメイン)が提供されていることで複数ドメインを扱うことができます

マルチドメインなら複数のドメインを扱える

1つのレンタルサーバーでドメインの複数運営は可能

そのため、1つのレンタルサーバーを使っていたとしてもそのレンタルサーバーが複数ドメイン(マルチドメイン)に対応していれば基本的には複数のドメインを展開することができます。

実際に有名なレンタルサーバーでは永久無料ドメインが2つデフォルトで提供されていることからも普通に複数のドメインが1つのレンタルサーバーで運営することが可能です。

また、一般的なレンタルサーバーではマルチドメインかつ運営できる個数に関しては無制限で運用が可能なため、基本的には独自ドメインを何個でも1つのレンタルサーバーで運用できることが多いです。

無制限とはいえ多くなりすぎると重くなる可能性大!

代表的な複数ドメイン(マルチドメイン)が可能なレンタルサーバー

一般的に近年のレンタルサーバーではほとんどの場合で複数ドメイン(マルチドメイン)が可能なレンタルサーバーであることが多いです。

以下は代表的な複数ドメイン(マルチドメイン)が可能なレンタルサーバーを示したものです。

代表的な複数ドメイン(マルチドメイン)が可能なレンタルサーバー
  • エックスサーバー
  • ConoHa WING
  • シンレンタルサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーは国内シェアNo.1のレンタルサーバーです。

最も国内での利用者が多いレンタルサーバーで主に3プランの料金プランを提供していますが全てのプランにおいて複数ドメイン(マルチドメイン)に対応しています。

実際に1つのレンタルサーバーにおいて永久無料独自ドメインをデフォルトで2つ提供していることからも明らかでしょう。

そのため、エックスサーバーなら1つのレンタルサーバーで複数のドメインを運営することが可能です。

詳細はこちら
エックスサーバーの評判・口コミは?実際に使ってみた実体験を徹底解説!
エックスサーバーの評判・口コミは?実際に使ってみた実体験を徹底解説!

ConoHa WING

ConoHa WINGはGMOインターネットグループが提供しているレンタルサーバーサービスです。

長期プランがお得なWINGパックが有名なレンタルサーバーでConoHa WINGも同様に主に3プランの料金形態を提供しており、全てで複数ドメイン(マルチドメイン)に対応しています。

そのため、ConoHaWINGも同様に1つのレンタルサーバーで複数のドメインを運営することができます。

詳細はこちら
ConoHa WING(コノハウィング)の評判・口コミは?料金やデメリット・メリットなど解説
ConoHa WING(コノハウィング)の評判・口コミは?料金やデメリット・メリットなど解説

シンレンタルサーバー

シンレンタルサーバーはエックスサーバーを運営している会社と同様の企業が運営しているレンタルサーバーです。

エックスサーバーを基盤とし新技術や高速性などを重視しているのが特徴的なレンタルサーバーです。

シンレンタルサーバーも同様にマルチドメインを提供しており、1つのレンタルサーバーの契約で複数のドメイン運営が可能です。

詳細はこちら
シンレンタルサーバーの評判・口コミや料金、デメリット・メリットなど解説
シンレンタルサーバーの評判・口コミや料金、デメリット・メリットなど解説

1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)運用するメリット

以下は1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するメリットを示したものです。

1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するメリット
  • 複数のドメインを1つのレンタルサーバーで一元管理できる
  • 複数のレンタルサーバー代を払わずに済む
  • レンタルサーバーの操作がしやすい

複数のドメインを1つのレンタルサーバーで一元管理できる

まず、1つ目の1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するメリットとしては複数のドメインを1つのレンタルサーバーで一元管理できる点があります。

理由としては1つのレンタルサーバーで1つのドメインしか運用できない場合、レンタルサーバーも増えるため、管理が煩雑になるためです。

例えば、複数のレンタルサーバーを運営しないといけなくなると管理画面やレンタルサーバーの更新日などが違い、管理が煩雑になります。

一方で1つのレンタルサーバーで複数のドメインを運営できる場合、1つの管理画面で管理できるため、管理がしやすくなります。

よって複数ドメインを1つのレンタルサーバーで一元管理できる点で1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するメリットだと言えるでしょう。

複数のレンタルサーバー代を払わずに済む

次に2つ目の1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するメリットとしては複数のレンタルサーバー代を払わずに済む点があります。

理由としては1つのレンタルサーバーで複数のドメインを運営できればドメインのみの料金しかかからないからです。

例えば、1つのレンタルサーバーの契約で1つのドメインしか運営できない場合、運営するドメインが増えるごとにサーバーの代金も嵩むことになります。

一方で1つのレンタルサーバーで複数のドメインを運営する場合はサーバー代は変わらず、ドメイン取得と更新料が増えるだけで済みます

よって複数のレンタルサーバー代を払わずに済む点が1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するメリットだと言えるでしょう。

レンタルサーバーの操作がしやすい

最後に3つ目の1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するメリットとしてはレンタルサーバーの操作がしやすい点があります。

理由としては1つのレンタルサーバーしか使わないため、慣れた管理画面の部分でドメインを管理できるからです。

例えば、1つのレンタルサーバーで運営する場合ドメインを同じ管理画面に追加して取得するだけで済みます。

そのため、慣れた管理画面のみで操作できるため、扱いやすいといえます。

よってレンタルサーバーの操作がしやすい点が1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するメリットだと言えるでしょう。

1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するデメリット

以下は1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するデメリットを示したものです。

1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するデメリット
  • 複数のドメインを1つのレンタルサーバーで運営すると重くなる
  • レンタルサーバーに障害があるとサイトが全滅する
  • ドメイン数に限りがある可能性

複数のドメインを1つのレンタルサーバーで運営すると重くなる

まず、1つ目の1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するデメリットとしては複数ドメインを1つのレンタルサーバーで運営すると重くなる可能性がある点があります。

理由としては1つのレンタルサーバーで提供できるリソースには限界があるからです。

例えば、マルチドメインで無制限にドメインを1つのレンタルサーバーで運用できるとは言ってもドメインの数が多くなると使うリソースも増加します。

そのため、ドメイン数が増えるごとに負荷が大きくなり一定量を超えるとアクセスの制限を受けたりしてサイトの表示速度などが落ちます

これにより、あまりに多くの複数ドメインを運営することはマルチドメインでも難しく、サブのレンタルサーバーや容量プランを上げる必要が出てきます。

よって複数ドメインを1つのレンタルサーバーで運営すると重くなる可能性がある点で1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するデメリットだと言えるでしょう。

レンタルサーバーに障害があるとサイトが全滅する

次に2つ目の1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するデメリットとしてはレンタルサーバーに障害があるとサイトが全滅する点があります。

理由としては一元管理されているため、1つのレンタルサーバーで問題が起きると全てのドメインに影響が出るからです。

例えば、度々レンタルサーバーでは障害などが起きてサイトが表示されないと言ったことなどがおきますが、仮に1つのレンタルサーバーで管理していた場合全てのドメインで影響が起きます。

よってレンタルサーバーに障害があるとサイトが全滅する点が1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するデメリットだと言えるでしょう。

ドメイン数に限りがある可能性

最後に3つ目の1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するデメリットとしてはドメイン数に限りがある可能性がある点があります。

理由としてはレンタルサーバーや料金プランの違いによって運営できるドメイン数に違いがあるからです。

近年一般的にレンタルサーバーでは無制限でドメインを運営できるところが多くなってきていますが、無制限でもやはり重くなってくる上限のようなものはありますし、明確に個数の制限がされているレンタルサーバーも少なくありません。

よってドメイン数に限りがある可能性がある点が1つのレンタルサーバーで複数ドメイン(マルチドメイン)を運営するデメリットだと言えるでしょう。

複数ドメインが増えたらサブの格安レンタルサーバーを用意するのがおすすめ

結論として1つのレンタルサーバーで複数のドメインを運営することは可能です。

特にエックスサーバーやConoHa WINGなど有名なレンタルサーバーでは1つのレンタルサーバー契約で無制限のドメインを運営できるため、基本的には多くのレンタルサーバーで複数ドメインの運営が可能です。

しかし、無制限と言ってもドメインの運営数が1つのレンタルサーバーで多くなってくると性能などの限界で処理や表示速度などはどうしても落ちてくる部分があります。

そのため、ドメイン数が増えてきた場合は全てを1つのレンタルサーバーで運営するよりはサブの格安レンタルサーバーを借りて分けて運営するのがおすすめです。

合わせて読みたい
【月300円以下】格安なレンタルサーバーはコレだ!ちゃんと使える格安なレンタルサーバーを徹底解説
【月300円以下】格安なレンタルサーバーはコレだ!ちゃんと使える格安なレンタルサーバーを徹底解説

そうすることで1つのレンタルサーバーに障害が起きた時のヘッジにもなります。

よって一般的に1つのレンタルサーバーで複数ドメインの運用は可能ですが、ドメインが多くなってきた場合は料金が負担にならないように格安のレンタルサーバーをサブのレンタルサーバーとして用意して分けるのがおすすめです。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました