ラッコマーケットとは?評判・口コミ、デメリットやメリットなど解説

しおん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
るな
るな

サイト売買に興味がある方の中にはラッコマーケットに関してこのような疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はラッコマーケットの使い方や評判・口コミ、メリットやデメリットなどに関する疑問に答えていきます。

本記事で分かること
  • ラッコマーケットとは?
  • ラッコマーケットの手数料や使い方
  • ラッコマーケットの評判・口コミ
  • ラッコマーケットのメリットやデメリット
合わせて読みたい
【売り視点】サイト売買は儲かる?月2万円のサイトを100万円で売却した個人が解説
【売り視点】サイト売買は儲かる?月2万円のサイトを100万円で売却した個人が解説

ラッコマーケットとは?

ラッコマーケット売主と買主が交渉なしにすぐにサイト売買ができるサービスです。

ラッコマーケットはラッコキーワードラッコM&Aなどを運営しているラッコ株式会社によって運営されています。

合わせて読みたい
ラッコキーワードの使い方や評判は?ブログをやるならラッコキーワードは必須です!
ラッコキーワードの使い方や評判は?ブログをやるならラッコキーワードは必須です!

ちなみにラッコM&Aとの違いとしてはラッコマーケットの方がより少額のサイト売買を中心にしていることや交渉が必要ないこと、手数料が購入側ではなく売主側にかかることなどの違いがあります。

以下はより詳しいラッコマーケットの特徴を示したものです。

  • 交渉なしでサイト売買が可能
  • 5秒でサイトが買える
  • 即時掲載可能
  • 50万円以下の少額サイトのみが売買
  • 購入側の手数料は無料
  • 売却側の手数料は20%

一般的な交渉が面倒臭いと感じる方や一般的なサイト売買サービスでは掲載基準に達していないサイトを売却する際におすすめなサイト売買サービスだと言えます。

ラッコマーケットの料金・手数料

以下はラッコマーケットの料金・手数料などを示したものです。

特徴ラッコマーケットの料金・手数料
掲載料0円
着手金0円
売却手数料20%
購入手数料0円

ラッコマーケットの使い方

以下はラッコマーケットの使い方を示したものです。

ラッコマーケットの公式サイトにアクセス

新規登録をクリック、ラッコIDにアクセス(ラッコIDをすでにお持ちの方はログインをクリック)

ラッコIDで各種会員登録

メールアドレスなどの登録を行う

ラッコマーケットにログイン

ラッコIDでラッコマーケットにアクセス、上部のメニューからサイトを買うから購入するサイトの閲覧、選択、購入。サイトを売る部分から掲載。

購入であれば購入をクリック、売却なら購入者が購入すれば完了

自身が購入する場合は購入をクリック、自身が売却する場合は購入者が購入してくれれば完了。(交渉や移行の手間なし)

ラッコマーケットの評判・口コミ

以下はラッコマーケットの評判・口コミを示したものです。

  • 簡単にサイト売買できるのが良い
  • 購入手数料が無料なのが嬉しい
  • 交渉しなくて良いのがラク
  • 手軽にショッピング感覚で買えるのが良い
  • 質の悪いサイトが混じっている時がある

ラッコマーケットの評判・口コミとしては全体的に良い口コミ・評判が多く、全体として取引の手軽さや料金の安さでの良い評判・口コミが目立ちました。

一方でラッコマーケットの悪い評判・口コミはほとんど見受けられませんでしたが、質の悪いサイトが混じってるなどの意見が散見されました。

ラッコマーケットを実際に使ってみた感想

ラッコマーケットを実際に使ってみた感想としてはとにかく手軽にサイト売買ができるのが良いと感じました。

実際にサイト売買では一般的に値下げ交渉や細かい取引内容の照らし合わせなどが必要に思ったように簡単に売れなかったり、売買に時間がかかってしまうことも多いです

しかし、ラッコマーケットであればサイトの売却側は掲載するだけであとは交渉せず、言い値で売れますし、購入側も手軽に購入ボタンをクリックするだけでサイトの購入ができ、瞬時にサイトの売買が可能で便利です

一方でラッコマーケットでは一般的なサイト売買サービスと違いラッコサーバーを購入側と売却側両方で使用する必要性があります。

実際にこのラッコサーバーを両者使うことで迅速な取引が可能になっているため仕方ない部分はありますが、やはりこのラッコマーケットでは絶対にラッコサーバーを使わなければならない点はやや不便を感じる部分でした。

そのため、ラッコサーバーをすでに使っている方や今後使うつもりであるような方の中でサイト売買をしてみたいというような方にラッコマーケットはおすすめだと言えるでしょう。

ラッコマーケットのメリット

以下はラッコマーケットのメリットを示したものです。

ラッコマーケットのメリット
  • すぐにサイト売買が可能
  • 購入側は手数料が無料
  • 面倒な交渉が不要

すぐにサイト売買が可能

まず、1つ目のラッコマーケットのメリットとしてはすぐにサイト売買が可能な点があります。

理由としては一般的なサイト売買では交渉や詳細な条件決めで取引が長引くことが多いからです。

例えば、一般的なサイト売買では値下げ交渉や条件交渉などができるため、詳細な売買契約を取り付けるまでに売主と買主双方で取引するまでの時間が長引くことが多く面倒な部分も多いです

一方でラッコマーケットでは売主はすぐに掲載することができますし、買主は購入ボタンをクリックするだけで交渉など一切なしにショッピング感覚でサイトやブログを購入することができます

よってすぐにサイト売買が可能な点でラッコマーケットのメリットだと言えるでしょう。

購入側は手数料が無料

次に2つ目のラッコマーケットのメリットとしては購入側は手数料が無料な点があります。

理由としては一般的なサイト売買では購入側は購入手数料を取られることがほとんどだからです。

例えば、サイト売買では一般的に数%から高い時には10%以上の購入手数料が取られることが普通です。

一方でラッコマーケットでは購入手数料は無料となっているため、通常のサイト売買と比べてお得にサイトやブログを購入することができます

よって購入側は手数料が無料な点でラッコマーケットのメリットだと言えるでしょう。

面倒な交渉が不要

最後に3つ目のラッコマーケットのメリットとしては面倒な交渉が不要な点があります。

理由としてはサイト売買では交渉を行うことが一般的だからです。

例えば多くのサイト売買サービスでは価格交渉や条件交渉を自分で行い、条件を決めていくことが多いです。

しかし、交渉では売却側はなかなか言い値で買ってもらえなかったり、購入側も素早く購入ができなかったりと交渉をする必要があると面倒な部分も多くあります。

そのため、面倒な交渉が不要であり素早くサイト売買できる点はラッコマーケットのメリットだと言えるでしょう。

ラッコマーケットのデメリット

以下はラッコマーケットのデメリットを示したものです。

ラッコマーケットのデメリット
  • サイト売買でラッコサーバーが必須
  • 売却側は20%の手数料がかかる
  • 売却先を選べない

サイト売買でラッコサーバーが必須

まず、1つ目のラッコマーケットのデメリットとしてはサイト売買でラッコサーバーが必須となる点があります。

理由としてはラッコマーケットでは売却側のブログのサーバーもラッコサーバー、購入側の移転先もラッコサーバーである必要があるからです。

一般的なサイト売買ではレンタルサーバーの縛りはほとんどなく、自由にできますがラッコマーケットで売却掲載の対象になるのはラッコサーバーを使っているブログ、購入側もラッコサーバーを用意する必要があります

そのため、ラッコサーバーを使っていない人は新たにラッコサーバーを契約する必要があり、面倒な部分があります。

よってサイト売買でラッコサーバーが必須となる点はラッコマーケットのデメリットだと言えるでしょう。

合わせて読みたい
ラッコサーバーの料金プランの違いは?初心者にはRK1をおすすめする理由
ラッコサーバーの料金プランの違いは?初心者にはRK1をおすすめする理由

売却側は20%の手数料がかかる

次に2つ目のラッコマーケとのデメリットとしては売却側は20%の手数料がかかる点があります。

理由としては一般的なサイト売買サービスでは売却側には手数料がかからないことが多いからです。

例えば、一般的にサイト売買では購入側に手数料がかかり、売却側は手数料無料の場合が多いです。

しかし、ラッコマーケットでは売主に手数料がかかり、しかも20%とかなり大きな割合を取られるため、ネックな部分があります。

よって売却側は20%の手数料がかかる点でラッコマーケットのデメリットだと言えるでしょう。

売却先を選べない

最後に3つ目のラッコマーケットのデメリットとしては売却先を選べない点があります。

理由としてはラッコマーケットでは購入側が購入をクリックした時点で購入が成立するからです。

そのため、仮に価格が見合わないと感じたり、もっと良い条件が良いと思ったとしてももうすでに購入されれば移転されてしまうため、取り消すことが難しくなります

よって売却先を選べない点はラッコマーケットのデメリットだと言えるでしょう。

ラッコマーケットは手軽に交渉なしにサイト売買したい人におすすめ

結論としてはラッコマーケットは手軽に交渉なしにサイト売買したい人におすすめだと言えるでしょう。

理由としては売却側、購入側双方ともがラッコサーバーさえ使用していれば交渉も必要なしに数十秒程度でサイト売買をできてしまうからです。

例えば、購入側では普通のショッピング感覚でサイトやブログを購入できますし、売却側は面倒な価格交渉などを避けて言い値で売却が可能です。

一方でラッコマーケットでは50万円以上のサイトは売れないため、とにかく高く売りたい方や交渉ができないため、交渉をして安く買いたいといった方にはラッコマーケットは向いていないと言えるでしょう。

そのため、このような方には交渉や売却金額を自由に設定でき、本格的なサイト売買が可能なラッコM&Aを利用すると良いでしょう。

合わせて読みたい
ラッコM&Aの評判は?実際にサイト売却で収益2万円のサイトが70万円になった話
ラッコM&Aの評判は?実際にサイト売却で収益2万円のサイトが70万円になった話

よってラッコマーケットはラッコサーバーをすでに使用している方や今後ラッコサーバーを使うつもりで手軽にサイト売買をしたい方におすすめなサービスだと言えるでしょう。

ABOUT ME
しおん
しおん
サイトM&A攻略家
サイトM&Aを買い手、売り手側から10回以上行う。月2万程度のサイトを70〜100万円以上で相場価格を大きく超える額での売却も複数回経験。これらの経験を活かしてサイトM&A攻略に関する情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました